スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.04 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    自由研究 第2弾!

    0

      かえるが脱出を図って、ツギロウは大騒ぎだった。
      あんまり探し回って騒ぐので、少々鬱陶しくなった。
      そもそもかあさんは、あやまったではないか。しつこいぞ!


      そして、第2弾目のアマガエル君たちがやってきた。
      今回は3匹だ。
      そして、意味なくトノサマガエルやらツチガエルやら連れてきた。
      カエルなど飼えるものか!
      かあさんが「逃がして来い」と言ったにも関わらず、
      今もまだベランダに居るカエルたち。。。(-"-)
      明日は、ゼッタイ、返しに行かせる!!!


      そして、肝心の研究材料のアマガエルたち。
      今度は鉢植えアイビーと水皿も一緒に、飼育ケースに入れられた。
      そして、青い紙の上に置かれている。
      実はかあさん自身が、無性に青いかえるが見たくなったのだ。

      しかし、ちっとも青いかえるにならんのよ。。。(~o~)


      自由研究

      0

        夏休みの自由研究というのは、いったいなんだ?
        こんなにも全国的に、例年、親子を苦しませているのに。。。
        大体、『自由』ってのがいけない。
        『自由』なんて、大人だって難しいのだ。
        それだから、楽しいはずの夏休みに、これを済まさないと、
        いつまでも喉の奥に小骨がひっかかったような気分でいなければいけない。

        その自由研究だが、ツギロウは今年は、
        『アマガエルの擬態』をテーマにするという。
        そう上手くいくのだろうか。
        一体、どうまとめたら、自由研究らしくなるのだろうか。
        かあさんは、早速悩んでいるが、
        当の本人はまっしぐらというか、“まとめる”なんて頭の片隅にもない様子。
        アマガエルを捕まえにいきたくて仕方ないのだ。

        そして、とうとう我が家にやってきたアマガエル君。

        かえる君

        黄色いの紙に置いてみたら、
        おお!なんだか擬態しているみたいだ。

        きいろいかえる君


        これなら、自由研究に、いけるかもしれない!(^^)!

        気をよくして、青い紙の上に置いてみたら、
        これはちっとも変わらない。
        カメレオンのようにはいかないようだ。

        そこで、青い紙で箱を折ってその中に入れてみた。
        5面、青に覆われた。

        あおいはこ

        これで、どうだ! と思ったけれどダメだった。

        日光に当ててみようとベランダに出した。
        蓋はプラスチックケースをのせただけの簡易的なものだった。
        空気穴のつもりで、隙間を少し空けた。
        果たして、その隙間から、かえる君は脱出を図ったのだった。。。orz


        夏休みの計画

        0
          期末テストが終わってこの方、気が抜けてしまったチョウスケは、
          夏休みに入っても抜けっぱなしである。
          かあさんだって、夏休みは休みたいのに、
          ああ、もうwwwww
          このまま抜け抜けの夏休みを過ごさせては、
          また2学期、大変な思いをするのは目に見えている。

          ほっときたいんだけど、ほんと、ほっときたいんだけど、
          ちょっと夏休みの宿題見てみた。
          やってはいるけど、分からないところは空欄のままだし、
          なんでまだアルファベット間違えるのこの子。。。orz
          マジで、こめかみが痛くなった(>_<)

          またしても、立ち上がるしかないようだ。
          ああ、もうwwwwww

          今頃になって、夏休みの計画をたてたのさ。
          ああ、もうwwwwww

          国語力

          0

            昨日から、この本にのっとり国語塾を始めた。
            国語力がつけば、ノート整理もばっちりだろう!

            1にノート整理、2にノート整理!ノート整理は基本の「き」だからね。
            かあさんは、ノート整理が大好きだ(^o^)/
            それに読解力は何につけ必要だしね。

            第一回目の昨日は、
             「つまり」
              と
             「たとえば」
            を使って、
            ・抽象的な言葉→具体的な言葉
            ・具体的な言葉→抽象的な言葉
            という作文をやった。

            そして、その言葉にも枠組みというのがあって、
            グループ同士を並べないとおかしな文章になる
            という説明もした。
             生き物>昆虫>カブトムシ
            を例に説明すれば、
            カブトムシ、クワガタ、てんとう虫は横並びでよいが、
            カブトムシと昆虫は横にはならべない。

            「つまり」と「たとえば」の作文に当ててみるとこうだ。

             ■ カブトムシ、クワガタ、てんとう虫、つまり、昆虫。
             
             ■ 昆虫、たとえば、カブトムシ、クワガタ、てんとう虫。

            そして、この往来は、直近のグループ同士でないと成立しないことも説明した。


            ツギロウも加わって、楽しそうだった。
            ゲーム感覚なのだ。
            二人とも、身の回りを見渡して、一生懸命作文するが、
            わが子の語彙力のなさときたらwwwww

            夏休みの間は、この国語塾をがんばろうと思う。

            ひとりで乗れるようになるために

            0
              1学期の期末テストだけは、なんとかいい点をとらせたかった。
              そうすれば、きっとその後は、勉強が楽しくなってくれると思ったから。

              だからテスト勉強は必死だった。<かあさんが。。。orzorz

              成績は思ったとおりのものが返ってきた(いい意味ではない)。
              かあさんが、
               がんばったところが出来ていて、
               がんばらなかったところは出来ていない。
              チョウスケ自身の学力って。。。orzorzorz

              かあさんががんばらなかったら、もっとひどかったのかと思うと、
              悲しいというよりも、めちゃくちゃ冷や汗;;;;

              ある本に、こどもに勉強を教えるときのコツを、
              自転車乗りを教えることに例えてあった。
               最初から自力でやりなさいなんて、無理です。
               最初は後部座席を持ってあげましょう。
               そのうちそっと手をはずして、そうやって、
               いつの間にか自分で乗れるようになっているのです。

              果たしてかあさんは、
              いつまでチョウスケの後部座席を支えていればよいのやら。。。(~o~)


              ひらめきの有無

              0
                「学校から帰ったらすぐに宿題をしましょう!」
                「遊びに行くなら、宿題をやってからです。」

                小学1年生のときにかあさんは教えた。
                チョウスケは真面目な子どもだから、これだけはちゃんと守った。
                しかし、チョウスケはこれだけをちゃんと守っただけだった。
                宿題だけをやっていればいいのは、低学年のうちだけなんだよ。

                だけど、算数だけはがんばって教えたのだよ。
                それは役に立ったのか立たなかったのか、よく分からない。
                チョウスケには、“ひらめき”というものが皆無に等しい。
                最近、本当に、この子って頭悪いかも。。。と本気で思うことがある。
                弟のツギロウは、「ああ!」という“ひらめき”がある。
                この“ひらめき”って、大事だよな。

                やはり、ツギロウの方が成績は良い。
                本当に、宿題だけしかやっていない。
                ただし、それでいつまでもいいわけではないが・・・

                プロローグ

                0
                  かあさんは子どもの頃、勉強のできる子だったので、
                  かあさんのかあさんに、「勉強しなさい」などと言われたことがなかった。
                  しかもかあさんは、家でごろごろするのが、子どもの頃から好きなので、
                  雨が降ろうが風が吹こうが、塾に行っている友人たちが不思議でならなかった。
                  かあさんは、冬はこたつで、夏はエアコンの部屋で勉強したりごろごろできるから、
                  塾になんか行かなかった。

                  そんなかあさんの息子のチョウスケが、中学校に入った。
                  小学校卒業〜中学校入学までの、あのゆるい時間を通りぬけて、
                  チョウスケの顔はますますゆるんで、アホ面となった。
                  人は緊張しないと、こうもアホ面になるのか。。。
                  夫婦ともども心配になった。
                  気が付けば、弟たちとポケモンなど見ている(口あけて。。。orz)

                   いかん!これはまずい!

                  そう思って、とうとうかあさんは立ち上がったのだ(ー_ー)/!!!


                  calendar

                  S M T W T F S
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << July 2019 >>

                  中学生

                  小学高学年

                  小学低学年

                  5月の絵本

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recommend

                  links

                  profile

                  書いた記事数:367 最後に更新した日:2013/05/04

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM

                  PR