スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.04 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    たいせつなことは隠れて見えない

    0
      評価:
      マーガレット・ワイズ ブラウン
      フレーベル館
      ¥ 1,260
      (2001-09)

      ひさしぶりにこんなに緊張した。
      そういえば、
      学年全体を集めたおはなし会で読むのは初めてだった。


      じゅうぶんに練習をしていたので、
      口はすらすら言葉を唱えているのに、
      実は脚がのブルブルがどうにも止まらない。
      意識すると、本を持つ手までガタガタ震えだしそうなので、
      気にしないを通していたが、
      とうとう最後まで、脚の震えが止まらなかった^_^;
      子どもたちの顔をちゃんと見回すようにして読むのを心がけたのが、
      逆に脚の震えを呼んだのだろうか。
      たいせつなことだから、
      まっすぐに伝えたい気持ちが緊張につながったのだろうか。


      最初は、
      「あたりまえ〜」
      とつぶやく声も聞こえたが、
      そのあたりまえのたいせつなことが、
      周囲の情緒的なものに隠れて見えなくなってしまうことは多々。
      ほんとうにたいせつなことは、たしかに見えにくいものだなぁ
      と、気づかせてくれるこの一冊。
      機会があれば、何度も繰り返し読んでもらいたいものだ。
      いずれ、気づくときがくるだろう。

      何を隠そう、わたし自身が、ごく最近になって気づいたのでした(^^ゞ


      おはなし会で選ぶ本

      0
        読み聞かせボランティアに参加し始めて、
        子どもの本や絵本への関心がより深まったのだが、
        家で子どもと読む本と、おはなし会で読む本はまた違うのだ。
        時間も限られているし、遠くからでも見える本がいいだろう。
        なんて、いろいろ考えてしまう。


        読み聞かせの指南書というのは、数々あるので、
        それらの一冊でも読めば、そんなコツくらい分かるのだろう。
        また、講習会へ参加するという手もある。
        秋にも、講習会や講演会の参加を迷ったのだけれど、
        どうしても足が向かないのだ。
        かあさんは、どうも、この手の類の講演会が嫌いなのだ。
        本でも、ハウツー本みたいのが、どうしても好きになれない。
        面白くないし、あまり参考になったためしがないし。
        いやいや、読み聞かせの講演会はきっと、素晴らしいものだと思う。
        ボランティアのメンバーの方とのミーティングの席でだって、
        ほんとうにためになること満載なのだもの。


        しかしね、こういう講演会なり講習会へ行くと、
        自分が選ぶ本が、どうもある方向へ偏っていきそうな恐怖を感じるのね。
        案外、かあさんは、人の影響を受けやすいところがあってね、
        それがとってもの怖いのだった(^^ゞ


        ボランティアの方々は、自ら絵本の好きな方たちばかりで、
        嫌味のないステキな方たちばかりなんだけれど、
        その中にも、子どものように絵本を楽しむ私みたいな人と、
        やはり子育て的な視点の強い人と両方がいる。
        もちろん、子どもが育っていく上で、絵本や本の存在意義はとても大きいと思う。
        ところが、この私ときたら、
        そんなことはすぐ明後日の方向にそっちのけに乗っけちゃって、
        自分自身が子どものように楽しいのだから、
         ああ、大人気ないなぁ(~o~)
        っていつも思ってしまう^^;


        だけど、こんな大人気ないわたしが選ぶ本というのが、
        今は自分でも面白いの。
        そして、なんだかもっと大人気なくなって、
         子どもたちがが無防備に面白い本はどれかなぁ
        なんて探している時間が大好き。
        そうなると、読み聞かせをライフワークとされてきた、
        尊敬すべき人々の話は、大人としては役立つのに、
        子どものわたしには、どうでもいいような気がしてきてしまう。

        まあ、どっから見ても大人になってしまったわけだけれど、
        子どものわたしに戻って、本を選んでみたりしたいなぁ
        って思っている。
        子どもが好きなものは子どもがよく知っているんだもの。
        それに、案外子どもというのは、
        たいせつなものを逃さず捉えているところがあって、
        スエチビが
        「あ!この本!」
        って声をあげた本は、
        『ももたろう』だったんだよ。
        「どうして知ってるの?」
        って聞いたら、この本、
        「ぼくが図書館で最初にみつけた本」
        だって。
        『ももたろう』っていってもいろいろあるけれど、
        それは、福音館の松居直氏の『ももたろう』だったんだよね。
        大人はこの本の素晴らしさを頭でわかって選ぶのだけれど、
        子どもにはそんな知識はないから、
        子どもの嗅覚ってのはすごいもんだなぁって、改めて感心してしまった。


        わたしも自分の嗅覚を試したくなったのかも。


        チンパンジーと人間のちがい

        0
          『サはサイエンスのサ』
          で、チンパンジーと人間との違いは何か?
          また、共通するところは何か?
          っていう話があった。
          チンパンジーはほとんど人間のできることはできるのだそうだけれど、
          いくつかの違う点もあって、
          そのうちのひとつに、
           指さした方向を、人間は見るがチンパンジーは見ない
          というのが面白いなぁと思った。


          たとえば、猫なんかに指さしても、猫は指がさしている方向を見ないで、
          その指そのものを追いかける。
          もちろん人間は、誰かが指をさすとその方向を見てしまう。
          「バカがみーたー♪(0ノ*)」って、ああいうのね(笑)
          ところが、チンパンジーはこれができない。
          猫と同じようにその指を追いかけるのだという。

          実は、犬はこれができるんだそうだ。
          それは、犬が長い歴史人間と暮らしてきたからだそうで、
          おおかみは出来ないんだとか・・・


          そこで著者が言うには、
          自閉圏の人っていうのは、
          ある時期、ここの点がチンパンジー寄りになってそこから構築されたんじゃないか
          ってそんなような話だった。
          そして、
          それだからこそ、凡人には見出せないものの見方や考え方ができるのではないか、
          ってことだった。
          こんな所に着地点をもってくるのも、面白いなぁと思った。


          一心に水玉を描き続けている草間彌生さんとかね、
          ぐぐぅっと自分の内面に自分を入り込ませちゃって、
          そこから、いろいろな水玉を生んでいる感じなんだよね。
          チンパンジー寄りなところから構築した人っぽいよね(笑)
          草間さんが、大野くんの対談でおっしゃってた
           水玉はひとつでは水玉にならない。
           ふうたつでもみっつでもだめで、たくさんでないと水玉にならない。
          のお話も、ステキだったなぁヽ(^。^)ノ



          ベビーサイン

          0
            何で見たのだろうか(?_?)
            赤ちゃんに手話のようなサインを教えることで、
            まだ言葉を話さない赤ちゃんと簡単にコミュニケーションができるのだ。
            赤ちゃんだから、そうたくさんの言葉もいらないだろう。
             オムツが汚れている
            とか、
             お腹が空いた
            あたりが分かるだけでも、ママはたすかるだろうな。
            それに、自分の伝えたいことが、ちゃんと伝わるので、
            赤ちゃんもストレスがないだろうな。


            みつけた、これだ→Allabout Wikipedia


            あまり親と話をしたがらない反抗期のお子さんにも、よいかも なんて(笑)

            発達障害児早期支援の裏

            0
              数日前、新聞紙面で、
              発達障害児への早期支援を目的とした取り組みについての記事を見つけ、
              なんとはなしに、背筋がうすら寒いような気分が抜けないでいる。
              すると、このような記事(似たようなニュース)もみつけた。
              加えて、このような記事もみつけた。


              特別支援学級に関わっていない頃ならば、
              このような寒気は感じなかったはずだ。
              そればかりか、
              なかなか理解されにくい発達障害という不便さに、
              社会がいよいよ理解をしようとし、行政も動く出したのだなぁ
              なんて、むしろ良い方に捉えたことだろう。
              ところが、
              スエチビの一件で、この手の支援には何か裏があると勘ぐらざる負えなくなった。


              実のところ、わたしもほんの少し前までは、
              発達障害のことを、脳の処理の仕方の欠陥、つまり、脳の病気だと思っていた。
              ところが、いろいろ知るうち、これは脳の使い方の癖 だと分かってきた。
              そして、最近になって、なんと発達障害という病気自体、
              なんの科学的根拠もないことを知った。
              そうなると、なぜこの病気でもない病気が、
              これほどまでに取りざたされて、文科省までも乗り出し、
              支援の触手を伸ばそうとしているのだろうか(・・?


              発達支援センターの人は言った。
              「わたしどもは、病院ではないので、病気の診断をしたりはしません。」
              では、なぜ、病気でもないのに、支援をしたがるのか(?_?)
              科学的根拠もないIQやらで、数値だけを見て、どんなに説明しても無理解で、
              その理由も添えられず、検査結果さえ渡さないで、
               「判定:特別支援学級(知的)」
              とただ書かれた紙きれ一枚よこしておいて、
              親が納得していないで、
               学校は困ってない、学習も追いつき、子どもも普通学級に慣れ、
               なんの不便も感じていないのに、なぜ?
              と反論すると、途端に、
               「では、普通学級で」
              なんてあっさり覆すのはなぜ(・・?<<<これは、結局、科学的根拠がないからなのだろう(笑)


              では、どうして科学的根拠もないのに、
              こんな判断や、手段や、必要もない支援が横行しているのだろうか(・・?


              どうやら、それには、精神科医の只ならぬ目論見があるようなのだ。
              そういえば、支援学級でよく、
              「薬は服用されてますか?」
              と聞かれることがある。
              わたしは、この質問を、スエチビが大病を患ったせいかと思っていた。
              しかし、これは、特別支援学級特有の質問で、
              つまり、精神科医の出すお薬のことなのだろう。
              ようするに、
              「精神科医にはかかっていますか?」
              とそれとなく確認しているのかもしれない。というのは、勘ぐりすぎだろうか(~o~)


              もちろん、本当に支援の必要な人はいる。
              しかし、「発達障害」と呼ばれるものの中に、
              もしかしたら、精神科医の創り出したものもあるのかもしれない。
              でっちあげとまでは言わないにしても、勘違いくらいはあるのかも。
              なにしろ、チェックシートにある項目を見ると、
              『おやおや、わたしもかい?』
              『あらあら、あなたもかもよ。』
              なんていうものが、ずらりと並んでいるのだから(笑)


              それらを、まだまだ未熟としかいいようのない幼児に当ててチェックしてみても、
              どの子もこの子も発達障害児になりそうだ(?_?)
              さらにそれを、
              まず子育て経験もないような若い女子(保育士さん)に頼ろうものなら、
              やれやれ、普通学級の方が少なくなってしまわないかな(笑)


              それは、まあ、極端な言い方だけれど、
              早期支援というのは、ちょっと末恐ろしいよお(~_~)



              参考にしました→とかとかADHDのチェックリストとか・・・

              かあさんの暗記力

              0
                評価:
                ハアコン・ビョルクリット
                ほるぷ出版
                ¥ 1,575
                (1978-06)

                おはなし会で、ストリーテリングでお話を聞くと、 まず、 
                 なんでそんな覚えられんの(・o・)すげーーーー(・o・)!!! 
                と、感心しっぱなしのかあさん。 

                上手な人がやると、
                絵本よりもずっとお話がどんどんどんどん耳から入って、
                体の中をふぅっと、抜けていくような感じ。 
                あの方はきっと、女優に違いない、うん。

                かあさんは、女優さんでないので、
                 ぜったいに真似すまい! 
                と誓う(笑)

                しかし、風邪ひきさんの横にいて思った。
                こんなとき、何かお話のひとつでも出来るとどんなにいいだろうか。 
                それなのに、『ももたろう』さえもおぼつかないかあさんなのです。
                やれやれ...ヽ( ´_つ`)ノ 


                この『はらぺこカズラー』は、
                ツギロウが幼稚園の頃好きだった話で、 繰り返しなのがおもしろい。 
                あれもこれもすっかり食い尽くしたガズラーが、 
                最後にパッカーン!と破裂してしまって、 
                それまで食べたものがそっくりそのまま飛び出すのも愉快。 

                この前おはなし会で聞いた『ホットケーキ』の話とも、タイプ的に似ているので、 
                これならばかあさんにも覚えられるかもしれない と思った。 
                それに、これまで何度も読んできたわけだし。。。 

                で、少し前から挑戦してみて、、、やっぱムリwwwとあきらめて、 
                数日後また挑戦してみて、、、なんてやっていたら、 
                昨日くらいから、ようやく調子が出てきた。 
                それからは、頭から離れず、繰り返し練習していたら、 なんとか形になってきた。 
                しかし、悲しいというか、嬉しいというか、おかしいというか(^^ゞ 
                間違えるとスエチビに指摘されるという。。。orz
                横で聞いているだけのスエチビの方が、よっぽど覚えているのだったorz 

                さすが、子どもは柔らかいのぉ(‐^▽^‐)

                読書と日本語トレーニング

                0
                  ツギロウが取り組んでいるこの問題集は、
                  少なくとも小学生のうちに読んでおいてもらいたい名作が、
                  そのまま全文テキストとなっている。
                  3巻の宮沢賢治編までやって、いよいよ良いものに出会ったなぁ
                  と喜んでいる。
                  それは、
                  なんと、かあさんは、宮沢賢治を読んだことがなかったからだ^^;
                  小学生のうちにも何も、これまで一度たりとも、読もうともしなかった上、
                  ちょっと怖いようで、その上勝手に、
                  ファンタジックなメルヘンチックなイメージを作り上げていた。
                  本当に、ごめんなさいm(__)m宮沢賢治さんm(__)m
                  おかげで、全文読み通すことができた。
                  とりわけ、『銀河鉄道の夜』など、ゾクゾクするほど美しく、
                  またその表現力に感動しっぱなしだった。


                  しかし、このややっこしいまどろっこしいような文章は、
                  小学生にとっては、難解ではないだろうか(・・?
                  と、かあさんは感じるのだけれど、
                  その難解さも、問題を解きながらだと、ちゃんと理解できるようになっている。
                  改めて、この問題集の出来の良さにも感心する。
                  たぶん、この問題を解きながら、何度も読み返し、読み込むことで、
                  かあさんさえもスムーズに物語の世界へ入っていけたんではないだろうか。
                  こういうのを、本当の意味で『読み込む』とか、『遅読』とかいうのだろう。
                  この問題集のおかげで、
                  お話を読むのが好きなツギロウは、ますます好きになったんではないだろうか。
                  彼はきっと、何の抵抗も感じず、宮沢賢治のほかの作品も読むのだろう。


                  次の4巻は、いよいよ太宰治。
                  まったく、かあさんにとって敷居の高い文学だけれど、
                  ツギロウと一緒に次のステージもクリアだ(^o^)丿!

                  これで漢字はバッチリかも

                  0
                    ずっと暖かだったのに、今日はずんずんと雪が降っている。
                    お昼間も降るので、家の前の木々はてっぺんがごま塩頭みたいだ。
                    スエチビは熱が下がっても、咳が出始めて、それがひどいので心配になり、
                    とうとう病院へ連れていったら、結局インフルだったorz
                    しかし、もう既に終わりかけなので、特別な薬ももらわず、
                    咳止めなどなどもらってくる。
                    結局、インフルの反応も出たので、今週中学校を休むことにした。
                    すると、この寒さ。
                    偶然だけれど、よかったのかも(*^m^)v


                    今日は、いよいよ元気も回復したので、
                    久しぶりに自宅学習をした。
                    ここ一週間は、まったく何もせずに休んでいたので、
                    週明け学校で戸惑わないように、連休中に追いつかなくちゃな。


                    ところで、今年度のずっと悩んでいた漢字学習だが、
                    ようやくいい方法が定着しつつある。
                    それは、以前にも書いたが、
                    漢字練習ノートの表裏を利用する方法だ。
                    表に、正確な漢字を含む短文を書く。
                    これは、漢字ドリルなどから抜き出せばよい。
                    その裏に、同じ文の漢字を空欄にした文を書く。
                    漢字の部分には、読みを添えて、つまりは漢字の問題を書く。
                    これで、まず、漢字を読めるかを確かめるというわけ。
                    読めなかったら、教えてあげて、まずは読めるようになる。
                    それからすぐに、ページをめくって、漢字問題に取り組むということ。
                    これだと、すぐに正解する。
                    出来なかったら、その場で練習するが、たくさん練習する必要はない。
                    正確に一回練習しておき、翌日にまた同じ問題に取り組む。
                    その翌日は、間違えた問題だけまたテストする。


                    と、文章で説明するとまどろっこしいが、
                    問題を書き写す私は、ちょこっと面倒だけれど、
                    子どもにとってはラクな方法なので、
                    「やってみよう!」
                    の合言葉で、ノリノリで取り組んでくれる。
                    それに、何度も何度も練習するわけでもなく、
                    負担なく、案外早く覚えている。
                    自分でも案外覚えられているのが嬉しい様子だ。

                    数学のノート

                    0

                      中2になってしまったチョウスケ。
                      そして、もうすぐそののんべんだらりな中2生活は終わりを告げる。
                      最後の学期末試験を控え、ただいま勉強中なのだ。
                      今度こそ、自力で結果を残せるといいのだけれど・・・

                      しかし、只今、グースカ寝息を立てて寝ているorz
                      部活がせっかく休みだっていうのに、寝ているorz
                      ノートを広げて、勉強する気はあるのだろうが、
                      さっきから、ノートを前に突っ伏して寝ているので、
                      何度か起こしたが、なんとも眠気を覚まさない。
                      そこで、
                      「自力でその眠気を覚まして、取り組まないと、
                       効率の悪いまま、ただ時間が経ってしまう」
                      のようなことを言ったら、
                      遠慮なく寝転んで眠ってしまった。
                      わたしとしては、外の冷たい空気にあたるとか、何か甘いものを食べてみるとか、
                      すっきりする飲み物を飲んでみるとか、体を軽く動かしてみるとか、
                      そんなことを考えていたのに、
                      まさか、まさか、本格的に眠るとは思わなかったorz
                      まあ、それもひとつの方法ではあるけれど...ヽ( ´_つ`)ノ


                      先日もチラッと書いた数学のノートの使い方は、良かったみたいだ。
                      先日は始めたばかりで半信半疑だったので、今回は少し詳しく書いておく。


                      まず、大学ノートのページを縦半分に折る。
                      ノートを見開きで見ると、縦に4列の欄となる。
                      図形の証明問題ならば、
                      この左端の欄に図形と証明する定義を書く。
                      そして、そのすぐ横の欄を使い、証明をしていく。
                      もし、いきなり自力でできないのであれば、
                      解説からていねいに写す。
                      一行ずつ、ちゃんと理解しながら写さなくちゃいけない。
                      その後、その解答を隠して、すぐ右の欄で今度は自力でのみやってみる。
                      横の正しい解答と照らして、どこで間違ったか確認する。
                      それから、またこれまでの解答を隠し、
                      その右横(つまり、右ページの右端の欄)に、自力で解答してみる。
                      これで、少なくとも3回は同じ問題に取り組むことになる。

                      おおかた、2回目は自力で解けるはずで、3日目には確実に解ける。
                      でも、きっと忘れるはずなので、翌日3回目(または4回目)をやるとよいだろう。
                      見開き4列なので、
                      4回目は欄がないが、そのあたりは各自工夫しましょう(*^▽^*)ノ
                      チョウスケの場合、時間が経過するとまた忘れるので、
                      時間を置いて、再度同じ方法で同じ問題に取り組むのがいいみたい。


                      今回、チョウスケには、
                       自分で解けるようになることが目標
                      と伝えておいた。
                       試験会場では誰も一人っきり。
                       誰も助けてやくれないんだから、
                       自力で最後まで解けるようになるしかないだろう。
                      って。
                      まるで、『エースをねらえ!』の宗方コーチみたい(≧m≦)
                      しかし、なんかそれが良かったんだかなんなんだか、
                      工夫しながら、自分で勉強しているようだ。
                      これまで、ドリルでもなんでも、ただ、
                       3回は繰返しなさい
                      と言ってきただけだった。
                      すると、3回繰返すことが目標になっていたりして、
                      ちっとも力になっていなかった。

                      ようやく私も、チョウスケへの説明のコツみたいのが解ってきたということか^^;


                      このようにして、かあさんも、
                      長男のときより、次男、
                      次男のときより、三男、
                      というように、より教え方が上手になっていくのだった(^^ゞ


                      ふしぎな庭

                      0
                        評価:
                        イージー・トゥルンカ
                        ほるぷ出版
                        ---
                        (1979-02)

                        先週末、スエチビの具合が悪いと学校より連絡があり、
                        迎えに行き、病院へも連れて行くつもりが、
                        保健室で嘔吐し、とてもしんどそうにしているので、
                        まずは、帰宅してゆっくり休ませた。
                        結局、翌朝まで高い熱が上がらなかったので、
                        病院へは行かないまま、自宅療養することにした。
                        嘔吐から始まった熱なので、ウイルス性の腸炎だろうか(・・?
                        インフルではなそそうだ。

                        しかし、土曜の午後になり、ずんずんと熱があがる。
                        子どもっていうのは、どうして病院の開いていないときに限って、
                        高熱を出すのだろう(・・;)
                        あまりに上がったので、常備している座薬を使う。
                        その夜、もう一度使って、熱はようやくおさまった。

                        そんなこんなで、お天気のよい暖かな陽射しを横目に、
                        土日をすっかりベッドの中で過ごしたスエチビだった。
                        しかし、熱が下がらないでドギマギしている母をよそに、
                        案外元気そうにして、食事もとるので、
                        ずいぶん体力がついたんだなぁ と感心した。
                        このように、
                        普通の子のような風邪を自力で治すようになって、
                        たいしたもんだ。


                        昨日は、微妙にまだ熱がくすぶっているので、ベッドに閉じ込めておいて、
                        長いお話の本を読んであげたりした。
                        こんな長い話も、じゅうぶんに楽しめるようになったんだなぁ
                        と嬉しく思ったりした。
                        『ふしぎな庭』は、子どもたちみんなが好きなお話で、
                        わたしも声に出して読みながら、途中でくすっと笑ってしまう。
                        傍らで勉強していたはずのチョウスケまでが、
                        くすっと笑っているのだった(‐^▽^‐)



                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << July 2019 >>

                        中学生

                        小学高学年

                        小学低学年

                        5月の絵本

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:367 最後に更新した日:2013/05/04

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        PR