スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.04 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ストリーテリングデビューの兆し

    0
      この本の最初に、『よていひょう』というおはなしがある。
      とてもほのぼのする話なのだ。
      がまくんを思いやるかえるくんは、
      ほんとうにすてきで、
      かえるくんもがまくんも、真になかよしなのが、
      よくよくわかる。
      ああ、いいなぁ、こんなたっぷりとゆとりのある心と時間(*^▽^*)


      このお話を読んであげたら、
      「そうだ!ぼく、いいこと考えた!ぼくも、よていひょうを作ろう!」
      と、父の部屋からコピー用紙を一枚拝借して、
      はさみでチョキチョキ。
      えんぴつで、書き書き。
      あっという間に、がまくんのとそっくりのよていひょうを作り上げた。
      内容は、もちろん自分のよてい。
      それからは、一日、ずっとがまくんみたいに、よていひょうを消しながら過ごし、
      寝るときには、よていひょうを持ったまま眠っていた。
      がまくんみたいに、風に飛ばされなかったというわけ(≧m≦)


      そんな風に一日すっかり楽しんだスエチビは、
      翌朝、
      「今日は、よていひょうは作らないの?」
      ときくと、
      「それは、もう昨日おわった。」
      と言い放った(笑)


      アーノルド・ローベルさんの作るお話は、
      どれもこれも、子どもがすぅっと共感できるお話ばかりで、
      本当に素晴らしいと思う。
      特に、がまくんとかえるくんは、教科書にも出てくる話なので、
      こどもたちには、顔馴染みのがまくんとかえるくんなのだ。
      そこで、かあさんは、
      この『よていひょう』を、ストリーテリングでやってみようかと思う。


      実は、既に覚えてある。
      またしても、先生はスエチビで、
      間違えると指摘される(^_^;)
      ストリーテリングの上手な先輩にも、
      この話は、「わたしに向いているね」とお墨付きをいただいた(*^^)v
      しかし、人前で何も見ず話をするなんて、
      とにかくドキドキ緊張するし、ふっと記憶がとんでしまったら大変なので、
      もっともっと練習しなくちゃね!!!


      ちなみに、
      このお話は、練習で何回も話しているけれど、
      ちっとも飽きたり、疲れたりしない。



      スポンサーサイト

      0
        • 2013.05.04 Saturday
        • -
        • 11:04
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        中学生

        小学高学年

        小学低学年

        5月の絵本

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:367 最後に更新した日:2013/05/04

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        PR