スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.04 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    感性を研ぎ澄ます

    0

      今朝、樹木希林さんがテレビ番組で、
      「このごろは感性を研ぎ澄ます環境が少なくなった。このごろの子どもはかわいそう。」
      なんておっしゃっていた。

      そうかもしれない。


      感性を研ぎ澄ますというのを自分なりに解釈してみる。
      それは、頭でなくて、肌で感じるようなこと。
      絵を描くとしたら、心に筆を持って腕も手も筆も一体となって、
      ぐんぐんと描けるようなこと。
      心と体が一瞬でピタリと何かに貼り付いてしまうような瞬間。
      空気のようなものでお腹いっぱいになって、
      水も何も入らないような状態になること。
      ・・・・ことばにするのはとても難しいこと。。。


      絵本にも、そういう力はないのだろうか。
      ページをめくれば、すーっと心が持っていかれるような、
      たとえばパンの香りがぷーんとしてくるような、
      お腹がグーっとなったり、涎をゴクリと飲み込んだり。。。

      この本はどうだろう。
      ページをめくるごとに、パン生地が発酵していくわくわくが伝わってくる。
      独特の甘いにおいも、湧いてくる。
      最後は香ばしく焼きあがった、ホカホカの湯気が立ってくる。
      そうして、
      最後のページがとってもすてきで、
      風にさやさやゆれる麦畑の景色や風のにおい、鳥の声なんかが聞こえてくるよう。


      子どもたちに、そんな景色や風やにおいをイメージさせられるのが、
      目標なんだけれど、上手く読めるかなヽ(^。^)ノ


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.05.04 Saturday
        • -
        • 00:26
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        中学生

        小学高学年

        小学低学年

        5月の絵本

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:367 最後に更新した日:2013/05/04

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        PR