スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.04 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    GWでほっ

    0
      相変わらず慌しく過ぎた4月だった。
      今年は当たり年で、中学でも小学でも役がまわってきた。
      そうでなくても、遠足だ家庭訪問だと慌しいのに、
      さらにいろいろの用事が出来て、
      めずらしくスケジュール帳を活用している。

      GWは、ようやくほっとできている。
      週明けはまた、なにやかやとちょいちょい仕事が入って、
      きっと夏休みまで駆け足で過ぎていきそうな予感。

      ああ、暑い夏が来るのかぁ。
      なんか実感が湧かないくらい、爽やかな5月だ。

      新学期

      0
        腰の痛いのは、ヨガのポーズのおかげですっかり治った。
        すごいよ。セルフストレッチ!


        ところで、とうとう新学期だ。
        スエチビは、大好きな女の子がまた一緒のクラスなので、
        とっても嬉しそうだ。
        でも、あんまり好きだ好きだと言うと、
        恥ずかしかるからやめたほうがいいよ と助言する。
        スエチビは、まだそういうのちっとも恥ずかしくないのだ。
        テストで100点とったら、ぼくのこと好きになってくれるかなぁ
        と、真剣に考えているのも、かわいい(笑)


        学校というのは、新学期になると、
        なにもかも新しくなるのがすごいなぁと思う。
        つづき がないのが、一般には違和感があるけれど、
        これが普通なんだろうなぁ。
        今年は、校長先生他ずらりと新しくなり、
        すっかりリフレッシュされた感じがする。
        なんとなく、明るい雰囲気。いいかも♪


        わたしは、相変わらず絵本の勉強に励む。
        めちゃくちゃ分厚い本を読んでいる。
        内容が濃くて、面白い。
        でもいい加減に、掃除をしたい。
        今月は、お掃除強化月間と決めている。

        最近のこと

        0
          春休みだ。
          3学期最後に、スエチビのクラスの先生におねがいして、
          ストーリーテリングをさせてもらった。
          かあさんにとって、初のストーリーテリングだ。
          みんなが大好きながまくんとかえるくんの話は、
          もうずいぶん練習していたので、まったく間違えずに話すことができたが、
          自分の話している姿など自分で見ることもないので、
          どれほど伝えきれているかは不安。
          スエチビは、帰り道で、
          「とっても上手だった。100点満点!いや1000点満点!いや10000点満点!」
          と親ばかの逆(笑)


          そして、春休みに入るや否や、
          これまでずっと気になっていた、過去のプログラムの紐解き作業にとりかかった。
          過去の記録には、そのときの様子や、それぞれの思いが込められていて、
          学校でのおはなし会の定着に、
          先輩方がどれほど力を注いでこられてきたかが、よく分かった。
          想像するに、このおはなし会のボランティアも、
          立ち上げて続けてこられた人たちの信念のようなものがきっとあるわけだから、
          わたしたち新入りは、
          それらを壊さないようにしっかりと受け継いでいくべきなんだろうと思った。
          しかし、それぞれに思うことも様々で、理想高く学校へ期待を込められる人もいれば、
          それはそれとあっさり構えて、するべきことをしようという人もいる。
          これは、今も昔も変わらないようだ。
          きっとそんなことを堂々巡りしてきて、今の形になったのだろう。
          今回、過去を振り返ったことで、なんとなく自分の立ち居地が見えてきたように思う。


          で、それらの作業が、ようやく一段落ついたので、
          今日からまた、図書館から借りてきた本読みに励む。
          しかし、秋ごろ痛めた腰が、今日はやたら痛むのだ。
          これまで、他人事のように腰痛持ち(とうさん)を笑って見ていたのだが、
          ちょっと笑えないじゃない^^;午後になるとずんと痛む。
          ヨガの腰のあたりを伸ばすポーズをやると、少しラクになる。

          素晴らしいテキスト

          0
            評価:
            松居 直
            NHK出版
            ---
            (2003-11-27)

            本ばかり読んでいる。
            国立国会図書館国際子ども図書館に児童サービス基本図書というのがあるので、
            そのリストから読んでいる。
            今まで読んだ中で、
            NHKの「人間講座」をまとめた松居直氏の『絵本のよろこび』がよかった。
            内容も充実して濃く、
            実際に自分の子どもさんたちに絵本を読んで聞かせた大人として、
            また自らも子どもの頃、物語の世界を楽しんだ元子どもとして、
            そうして、その楽しい世界を子どもたちに届ける編集者として、
            いろいろな見地から絵本について語られている。
            とてもためになる本だった。
            ただ、これが「講座」のもとめという形のせいかテキストめいた感じがある。
            だから、講義を受けているような、教科書を読んでいるような感覚になり、
            わたしなんか、読んでいるとねむーくなってきてしまう^^;
            そこで、ノートを用意し、大切と思ったことをノートにとるようにして読んでいったら、
            ちっとも眠くなくて、「なるほどなるほど」とすいすい頭に入っていった。
            もともと、誰にでも分かるような易しい言い回しの、読みやすい文章なのだ。
            他の本も読んだが、これほど内容が充実して面白いと思うことはなかった。
            そして、他の本の内容はすべてこの本が網羅できている。
            いくつか本を比べて読むことは大事だと思うが、
            この本だけは外してはいけない と思った。


            読み聞かせ講座

            0

              結局、
              読み聞かせのための講座とやらに申し込んだ。
              自分としては、まずいろいろ考えたり疑問をもったりしながら、
              自分自身で勉強していたかったのだが・・・
              一旦は断ろうとしたのだけれど、
              あまりに何人もの人から薦められるので、断る理由も尽きてしまった。
              行ってみなければ、どんなもんかも分からないし、
              自分の勉強は、自分でしながら、
              月に二回程度の講座に通うことにした。


              そもそも絵本を読み、味わうというのに、何か理屈というのが存在するのだろうか。
              それを知識として、誰かに教わらなければ、絵本を読む資格がないというのだろうか。
              わたしは、どうやらそこのあたりに違和感を感じているみたいなんだ。
              人々は、その講座に行けば、
              どうして読み聞かせが必要か、よく解るから
              などと言うのだけれど、
              そんなことなら、これまで読んできた本で繰り返し読んで、解ったつもりだ。
              もちろん共感しているつもり なのだけれどなぁ(~o~)


              とにかく、行ってみないと、何も言えないから、
              行ってみることにした。
              平行して、それらに関る本も読むことにした。
              たった一人の意見だけで、自分が染められてしまうのは嫌なので。


              そろそろ潮時

              0
                こわい、こわい、花粉がこわいかあさんだけど、
                図書館カードも更新したいので、
                帽子をかぶりいの、マスクをしいの、なんともかんとも怪しい姿。
                無事に図書カードを更新したので、
                これからは、読みたい本を図書館で借りられるヽ(^。^)ノ♪


                時間がないので、そのまま帰ろうかとも思ったけれど、
                せっかくだから何か借りたいと、大急ぎで絵本を数冊借りた。
                本を見てると、いつのまにか時間が経ってしまうので、おそろしい。
                急いだつもりでも、あっという間に時間が経って、
                またまた大急ぎで、家へ帰った。


                『どんなにきみがすきだかあててごらん』の、
                四季のシリーズは、4冊とも借りてきたが、
                どれもとてもかわいくて、読むとすごくうれしくなる。
                スエチビと読んで、
                読み終わると、スエチビをだっこしたくなる。
                スエチビは、そろそろ抱っこも恥ずかしくなってきたみたいで、
                「んんん、もう、しかたないなぁ」
                と言いながらも、抱っこに付き合ってくれている。
                そろそろ潮時かしら(笑)

                ストリーテリングデビューの兆し

                0
                  この本の最初に、『よていひょう』というおはなしがある。
                  とてもほのぼのする話なのだ。
                  がまくんを思いやるかえるくんは、
                  ほんとうにすてきで、
                  かえるくんもがまくんも、真になかよしなのが、
                  よくよくわかる。
                  ああ、いいなぁ、こんなたっぷりとゆとりのある心と時間(*^▽^*)


                  このお話を読んであげたら、
                  「そうだ!ぼく、いいこと考えた!ぼくも、よていひょうを作ろう!」
                  と、父の部屋からコピー用紙を一枚拝借して、
                  はさみでチョキチョキ。
                  えんぴつで、書き書き。
                  あっという間に、がまくんのとそっくりのよていひょうを作り上げた。
                  内容は、もちろん自分のよてい。
                  それからは、一日、ずっとがまくんみたいに、よていひょうを消しながら過ごし、
                  寝るときには、よていひょうを持ったまま眠っていた。
                  がまくんみたいに、風に飛ばされなかったというわけ(≧m≦)


                  そんな風に一日すっかり楽しんだスエチビは、
                  翌朝、
                  「今日は、よていひょうは作らないの?」
                  ときくと、
                  「それは、もう昨日おわった。」
                  と言い放った(笑)


                  アーノルド・ローベルさんの作るお話は、
                  どれもこれも、子どもがすぅっと共感できるお話ばかりで、
                  本当に素晴らしいと思う。
                  特に、がまくんとかえるくんは、教科書にも出てくる話なので、
                  こどもたちには、顔馴染みのがまくんとかえるくんなのだ。
                  そこで、かあさんは、
                  この『よていひょう』を、ストリーテリングでやってみようかと思う。


                  実は、既に覚えてある。
                  またしても、先生はスエチビで、
                  間違えると指摘される(^_^;)
                  ストリーテリングの上手な先輩にも、
                  この話は、「わたしに向いているね」とお墨付きをいただいた(*^^)v
                  しかし、人前で何も見ず話をするなんて、
                  とにかくドキドキ緊張するし、ふっと記憶がとんでしまったら大変なので、
                  もっともっと練習しなくちゃね!!!


                  ちなみに、
                  このお話は、練習で何回も話しているけれど、
                  ちっとも飽きたり、疲れたりしない。



                  絵で楽しむおはなし と 耳で聞いて楽しむおはなし

                  0
                    ハアコン・ビョルクリット
                    ほるぷ出版
                    ¥ 1,575
                    (1978-06)

                    先日、ためしに覚えようとしたおはなし、『はらぺこガズラー』は、
                    とうとう覚えて、スラスラ話せるまでになった。
                    ところが、あんまり話していたせいか、自分自身が飽きてきてしまっているorz
                    語っているうち、なんだかなかだるみになってしまい、
                    最終的には、疲れてしまうorz
                    あんなに面白い話なのに、もったいないことだ(^_^;)


                    数日前、すばなし(ストリーテリングというらしい)の上手な方に、
                    機会があったので、『はらぺこガズラー』をためしに聞いてもらった。
                    「よく覚えられましたね。」
                    と、お褒めの言葉をもらった。
                    そして、いくつかのアドバイスをもらった。


                    だけど、そのときには、
                    わたしは、もう気づいていた。
                     この絵本は、すばなし向きではないみたい。
                    自分の語りが下手なせいもあるかもしれないけれど、
                    やはり、絵本は絵があってなんぼというものだ。
                    絵本で楽しむおはなしと、耳で聞いて楽しむおはなしは、
                    やはり違うんだろう と感じた。


                    子どもの心を持った大人な人々

                    0

                      さて、最近続けて絵本や児童文学に関する本を読んだが、
                      特にこの本が面白かった。

                      岩波少年文庫を創刊から支えたそうそうたる方々の、
                      対談やエッセイなどが収められ、なかなかの読み応えだった。
                      これを読むと、その方々がどれほどお話に飢えた少年時代(戦中、戦後)を凄し、
                      そんな時代においても、どれほど無邪気に物語を楽しんでいたかうかがえる。
                      そして、そんな無邪気さを持ったまま大人になり、
                      今度は子どもたちのために物語を広めていかれたんだなぁと分かる。
                      これほど物語を愛し、子どもの心で楽しまれるからこそ、
                      岩波少年文庫の名作群は、いつの時代の子どもにも慣れ親しまれているのだろう。

                      やはり、わたしは、
                      子どもの心を忘れないで、絵本やお話を選びたい。
                      そして、迷ったら、子どもに教えてもらおうと思う。



                      その後、図書館の司書をされていた方の本を読んだ。
                      その本には、子どもにとっていかに本が大切で、
                      絵本やお話との付き合い方みたいなものが書いてあった。
                      それらはどれも、日ごろ私も感じることで、納得のいくものだった。
                      それなのに、何故だろう(・・?
                      心の隅っこの方がもやもやとして、なんとも言い難い気持ちになった。
                      読み終えてからもそのもやもやは続いた。
                      そこで、その本の出版された時期をみてみて、おおかたの納得がいった。

                      この本では、一貫して、
                      「最近の子どもたちは・・・」
                      のような言い回しがされていたのだが、
                      その本の書かれた時期を確認してみると、
                      その最近の子どもたちというのが、ちょうど自分と重なったのだったorz
                      わたしはなんとなく、
                      自分たちのことを言われているような気持ちになってしまったんだろうなぁ(~o~)

                      それは、今の子どもたちにも当てはまることなので、
                      反論する気もなく、まったくそのとおりと頷けるにも関わらず、
                      自分の子ども時代とも重なるので、複雑wwwな気持ちになってしまったんだな、きっと^^;
                      それに、思えば、子ども時代からずっと
                      「最近の子どもは・・・」のような言い方はされてきて、
                      ちょっとうんざりしているのもある。
                      それも原因かもしれない。


                      これは、わたしの持論なんだけれど、
                      「最近の子どもは・・・」
                      なんて言い出した大人は、
                      すっかり自分が子どもだった頃のことを忘れてしまった大人だと思う。
                      そんな、大人な考えしか持たない大人は、
                      大人の目線でしか物事も見ないので、少し偏っていると思う。
                      先の本の中に出てくる方々など、
                      まったく子ども目線で子どもの本の事を語る。
                      そして、しっかりした大人の考えがある。
                      わたしは、こちらの方が大らかだと感じる。
                      だから、どの話も面白かったのだろう。






                      やる気スイッチ強制ON!

                      0

                        さて、中学2年の最後の定期テストも終わった。
                        あっという間に、最終学年になっちまうじゃないか。
                        だいじょうぶなのか、チョウスケは(゚×゚*)


                        今回も、ときおり数学を覗く程度で遠巻きに見ていただけだが、
                        果たしてどの程度がんばったんだろうか。
                        それは、ま、結果が教えてくれるだろうね(笑)


                        ここで、やれやれ終わったと、ぼんやりしたいところだけれど、
                        そこで、
                         ぼんやりさせるもんか
                        と、ネジをしっかり巻き上げるのがかあさんの役割(≧m≦)

                        テストの終わった翌日は土曜日だったので、
                        5教科すべてにおける自分の弱点を書かせてみた。
                        こんなこと、2年前までは、書き上げることすらできなかったが・・・
                        ようやく自覚ってものが出来てきたのだろうか(0ノ*)
                        それから、
                        これから新学期の始まるまでの間に、何ができるのかを話し合った。
                        やるべきことは、とてもたくさんあるのだが、
                        短期間でできることはそれほどない。
                        どれにも手を出したくなって、なかなか悩むのだけれど・・・orz


                        結局、漢字と英単語に絞った。
                        そして、英文法の復習。
                        そんなところだろう。

                        かれこれ二年間、こればっかり・・・orz



                        するべきことが決まったら、どのような方法で勉強するかだ。
                        授業で使用のワークブックで十分なのだが、これが・・・orz
                        既に書き込みがされており、しかもやたら雑なんだorz
                        その上、間違いorz
                        見るだけでうんざりするorz
                        結局は、家で購入したドリルをすることにする。
                        こんな簡単なドリルでよいのだろうか とも思うのだけれど、
                        たぶん、チョウスケみたいな子にはこれくらいでよいのだろうヽ( ´_つ`)ノ
                         
                        なんてったって、
                        年末までに終わらせると、自分で豪語したあの小学生漢字テストも、
                        未だに終わらせていないのだからorz
                        またしても、
                        「この小学生漢字テストだけは、何が何でもおわらるのだよ!」
                        とケツを叩いたのだったヽ(;´Д`)ノ


                        ところで、今日、
                        『勉強嫌いな子を勉強好きにするためには・・・』
                        なんて話がテレビであっていたけれど、
                        かあさんは確信するね。

                         勉強嫌いな子は、どんなにしたって、勉強好きにはならない

                        もちろん、この確信は間違いであってほしいのだけれど・・・


                        では、どうすればいいのだろう。
                        チョウスケのような、根本的に勉強が嫌いな子にかあさんができることは、
                        やっぱり、時折ケツを叩くことくらいなのだ。
                        簡単なテキストでも、なんとか、毎日毎日続けさせることだろう。
                        また、勉強嫌いな子ほど、
                        解らないことを解らないと言わないで、さも解っているようなフリをする。
                        これが、大変よくないことなのだけれど、
                        勉強嫌いなので、勉強させられないためにどうしてもそうしてしまうようだ。
                        もしかしたら、解らないことを伝える言葉を知らないというのも原因かもしれない。
                        ほんとうに厄介で、面倒なんだけれど、
                        時折、声をかけ、覗き込み、様子を見て、助けてあげないといけないんだろうなぁ〜(~o~)
                        そうしてきたから、派手なつまづきもなくここまでこれたんだとも思う。


                        ちょうど先日、学区内の高校の内心点のボーダーラインを、
                        知り合いに教えてもらったので、
                        それをチョウスケにも教えてあげた。
                        はっきりした数値に、ようやく危機を感じた模様。
                        自分でも目標点を掲げたくらいだ。
                        この気持ち、ぜひ持ち続けてもらいたい。
                        だが、なにかと誘惑も多く、すぐに忘れる人なので、
                        やはり時々持ち出して、その気を起こさせなくちゃいかんだろうね(~o~)



                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << July 2019 >>

                        中学生

                        小学高学年

                        小学低学年

                        5月の絵本

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:367 最後に更新した日:2013/05/04

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        PR