スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.04 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    見てきた〜〜『放課後ミッドナイターズ』

    0

      兄たちが居ないので、スエチビとふたりきり。
      夏休み最後の日を、家でゆっくり過ごすのもいいけれど、
      ひとりきりもさびしかろうと思い、映画に誘ってみる。

      『アベンジャーズ』を見たいと言うが、どうせ見るなら3Dで見たい。
      と思いつつも、特別料金は財布に優しくない^^;
      しかも、上映時間に間に合うには、もうゆっくりもしていられない頃だった。


      そこで、
      放課後ミッドナイターズ』に誘ったら、

      「見る、見る、見る」って言うので、これにした。
      この前、とうさんとみんなで、動画に釘付けになっていたもんね(^o^)丿





      ニコ動への投稿動画とは、ひと味違ったけれど、
      これはこれで、面白かった。
      あっちからこっちから、面白い話が飛び出してきて、
      最後はちゃんとひとつにまとまる。
      「なるほどそうだったのか」の展開。 <ありがちだけれど、すっきりする(^o^)丿
      そして、着地点は、ちょっといい話。満足、満足♪

      第2段も待ち遠しい!!!

      夏休みの終わりのような毎日がああもううんざり気分

      0

        さて、二日も遊んだんだし、いつもどおりの勉強も少々。。。
        そんな気持ちで取り組んでも、だらだらしたいのはかあさんだって同じこと。
        夏休みはお盆をはさんでしまうので、それ以降はすっかり調子が崩れてしまう。
        同じく、冬休みは正月をはさむのでその後はなし崩しとなる。
        春休みは、学年が修了してるので言うに及ばず。
        結局休みなんだから休みたいんだよね。
        この、
         夏休みの終わりのような毎日が、ああああもううんざり <そんな歌があったなぁ

        今がまさに、その夏休みの終わり。


        入道雲のずっと上の方に、秋の風が吹いているとすじ雲が教えてくれる。
        昼間はムッとするような暑さがまとわりつく中、ツクツクボウシが鳴いている。
        そして、夜になればちゃんと、秋の虫が鳴き出す。
        当たり前のことなのに、毎年はっとする。


        実は、スエチビの自由研究が残っている。
        準備はできている。
        模造紙はいつもスタンバイしている。

        テーマは「種調べ」。野菜の種の数を調べた。
        さっと立ち上がって、ささっと表を書いてあげて、
        取っておいた野菜の種を貼り付けて、数えて、表を完成させればいい。
        野菜の写真は撮ってあるので、
        パパッと画像を取り込んで、プリントすればよい。それだけ。

        ここまで整っていて、未だ終わらないのは、このかあさんの、
        夏休みの終わりのような毎日がああもううんざり気分によるのもの。


        「明日は、必ずしよう!」
        と、今ここに宣言するのは、重い腰を上げるための作戦です(~_~;)


        感動!焼きそばとの出会い

        0

          なんだかんだのつづきで、プールへ行った。

          夜中に雨が降っていたし、朝も雲ってたし、
          ちょっとひんやりしていたし、
          また行かないんじゃないのぉ って思っていたら、
          行くらしい。

          行ってみたら、思いがけなくジリジリと暑かった。

          子どもの頃からあるプールだけれど、かあさんは行ったことなかった。
          イメージでは、もっと広くていろいろすごいんだろうと思っていたけれど、
          そうでもなかった。
          いくつかのプールを巡って、結局みんな流水プールに落ち着いた。
          木陰でみんながぐるぐる流れているのを見ながら、
          『回遊魚みたいだぁ(・o・)』と思ってしまった。

          帰りに、みんなにタダ浮かんでぐるぐる回るのがそんなに楽しいんかい?
          って訊いてみたら、それが結構面白いらしい。


          帰りはヘトヘトに眠る坊ちゃんたちであった。
          夏休み満喫の二日間となった。よかったんじゃないのぉ(*^^)v



          そんな夏休み満喫の一日の終わり、かあさんは、

           餃子の王将の焼きそばが、旨いぃぃぃ!!!!

          ことに、人知れず感動していた。

          さっき、とうさんにそのことを伝えたら、
          あまりに無言で食べていたので、不味かったのでは・・・と、
          少し心配して、「ちょっとちょうだい」も言えなかったのだとか(笑)
          かあさんは、食べ物が口に合わないと、不機嫌になる性分で(^^ゞ

          気を使わせてしまったようだが、
          熱々で野菜もシャキシャキで、とても美味しかった。
          ただのウスターソース味で、特にどうということもないけれど、
          『この炒め加減!絶妙なソースの量!』などといろいろ考えてしまった。
          それで、無言になってしまっていた(^^ゞ
          家庭の火力では、きっと実現できない旨さだった。

          しかし、あまりに安い。
          メニューの中で、餃子に次ぐ安さだ。そんなことにも感動していた。


          なんだかんだで海

          0

            なんだかんだで、海に行った。


            なんだかんだを説明すると、

            本当は、プールへ行く予定だった。
            1週間前から決まっていた。
            天気予報はギリギリセーフな感じだった。
            昨日より、早起きするべし!と皆に言い渡してあった。
            そして今朝も、とっとと起きてとっとと出かける準備をした。
            だけど、なんだか不穏な空模様。
            それでも、昼過ぎくらいまでは大丈夫な気がするかあさんだった。

            しかし、ネットでアメダスなどチェックするとうさんは、
            「ほれほれこのとおり、こんな近くに雨雲がある」
            なんてイヤなことを言い出すのだった。
            アメダスなんて、
            快晴でないところにはなんらかの雲があるもんだろうが。。。(ー_ー)!!
            と、口には出さないかあさんだった(≧m≦)


            ま、しかし、現実にも雨雲らしき雲が近くにあるのは確かだった。


            それで、どうしようか と言うのだった。
            『どうしようかってったって、昼頃までは大丈夫じゃん』と、
            やっぱり思うかあさんだった。


            とうさんのイメージはこうなのだ。たぶん。。。

            ピーカンの夏空の下、ウォータースライダーなんかでザブンと水しぶきをはじけさせて、
            流れるプールに身を任せたりなんたりとして、夏を満喫\(^o^)/♪♪♪



            かあさんの都合によれば、
            この陽射しの少ない曇り空は、またとない絶好のプール日和〜(^o^)丿
            <もうね、気持ちも体力も、
             お肌もなにもかも、はじけるに耐えられるものではないのだよ。


            そんな自分勝手な都合とは裏腹に、今日のプール行きは断念することとなった。
            で、どこに行こうかというので、
            磯遊びでも・・・と提案してみたら、「それがいい!」と言うとうさんだった。


            結果、海は満潮で、磯などはなかった。
            そこで、ただ波と戯れる坊ちゃんたちは、それはそれで楽しかったようだ。

            だがしかし、雨は一向に降る気配もなく、じゅうぶんに遊んで帰ってきて、
            「これならプールに行けたじゃないか」と言ったら、
            「きっととうさんが行くのをやめたから、雨が降らなかったんだ」
            って、雨男が言うので、なんとなく納得したりもして・・・(≧m≦)


            家に戻って、みんなシャワーを浴びて、汚れ物など洗濯して一気に干したら、
            日が暮れてきたころ、嵐のようなものすごい雷雨となった。
            結局、天気予報通りだった。



            宿題塊を撃退する!

            0

              スエチビの宿題塊を、昨日今日で必死で終わらせた。
              スエチビは、どうのこうの言いながらも、
              へこたれずにやり遂げたのだった。


              しかし、単純な計算問題の反復というのは、
              とてもつまらないもんだなぁ〜と思った。
              それも、苦手だったり克服したいような問題ならばよいが、
              得意なものだから飽きてしまって仕方がない。
              (意外にも、ラクなようで、楽でなかったorz)

              日々の反復ならともかく、まとまった量の復習は、
              『質より量』ではなく、『量より質』が大事なようだ。<やる気を持続させるという意味で
              それから考えると、通常学級で出るような「夏休みスキル」などは、
              さらりと1学期をおさらいできて、
              ちょっと考えるようなゲーム感覚の問題もあったりと工夫されている。
              子どものやる気を損なわないし、自分でできるから、
              よく考えられているもんだったんだなぁ〜と感じた。

              スエチビが特別支援学級に行かなかったら、
              こんなことにも気づかなかっただろうな。


              勉強って、単に量をたくさんするとか、同じ問題を繰返すでは、
              飽きちゃうし、続かないし、逆に苦痛になるのだなぁ〜



              しかしかあさんは、この二日間、スエチビの横にくっついていたので、
              ヘロヘロになってしまった。
              一方スエチビはというと、ようやく開放されて、
              遊びにまっしぐらだ。
              子どもは、疲れ知らずだな。。。






              夏休みの宿題

              0

                何が何でもここまでは!
                ってことで、がんばった一日でした。
                何をがんばったかというと、言わずと知れた夏休みの宿題です。


                ツギロウは、自由研究のまとめまで終わりました(^o^)丿
                今年はかあさんがお尻をたたいたので、早々と終わりました(^o^)丿
                本当にやれやれです。
                いちばんほっとしているのは、かあさんです^^;


                チョウスケは中学生なので、さすがにそうもいかなかったですが、
                面倒なレポート関係は無事終わったようですし、
                ワーク関係も終わったようです。
                漢字検定の勉強は、まとめてできるもんでもないので、
                後半、立派にやってくれるでしょうよ。自分のためなんだもの(≧m≦)


                苦戦中なのが、スエチビの宿題です。
                それも、特別支援学級の宿題です。
                一行日記の類まで重複しています。
                同じ宿題を毎日ふたつするというのは、難義なことです。
                よって、この分は見なかったことにします。
                どうしても必要なときは、通常学級に出す分を見てください
                ということにします(~_~メ)
                絵日記、観察日記も両方にあって、それらは両方やりました。
                これは成り行きで終わってしまいました(*^^)v


                しかし、やってもやっても進まないのが例のプリント80枚綴りです。
                簡単かと思いきや、そうでもないのです。
                算数の文章題など、言い回しが複雑で、
                問題文を読みとるために、手伝ってあげなくては出来ません。
                たとえば、
                通常学級の文章題だ、
                「ぜんぶで・・・?」とか「のこりは・・・?」とか「ちがいは・・・?」
                といった決まった言い回しがあり、それにより足し算か引き算かを判断します。
                ところが、いただいたプリントだと、
                「ぜんぶで・・・?」と言いながらも、引き算の問題なのです。
                いわゆる ひねった問題 なんです。
                なぜに、特別支援学級の宿題にひねりが加えられているのか・・・よく解りません。
                このような問題は他にもあり、
                先生はいったい、スエチビに何を求めているのだろうか(・・?
                と首を傾げてばかりです。

                チャレンジのテキストも、通常学級の宿題も、
                夏休みの分は、既に習ったものの復習なので、
                自力でサクサクこなしました。
                しかし、この80枚綴りに関してはそうもいかないようです。

                プリントを前にして、
                「がんがえろーーー!かんがえろーーー!」
                とスエチビの声が聞こえます。
                必死で考えているので、『がんばってるな〜』なんて思って、
                洗濯やら掃除などをしています。
                そっと見に行きますと、まっさらなまま(・o・)

                そこでよくよく見てみると、「これは、難しいね」ってことになります。
                妙に、腹立たしい気持ちでいっぱいになります。
                こんなにがんばらせる必要があるの(怒)!!!

                そこで、噛み砕いて教えていくと、
                なんとか問題を解くので、『すごいよスエチビ!』と思います。
                たぶん、兄ちゃんは、こんな簡単にわからなかったよお(;一_一)


                ともかく、面倒そうな40枚を終わらせました。
                残り40枚は、計算問題と漢字です。
                それでも40枚も残っているので、ちょっとクラッときますが・・・


                明日からは、いっさい勉強なしの、夢の1週間が始まります(*^^)♪


                IMAX3Dのことと、カブトムシのぬいぐるみ

                0

                  さて、少し気楽なことを。。。


                  トランスフォーマーのDVDを、
                  大きなスクリーンと素晴らしい音響で見た。
                  最高に面白くて、かっこよくて、好きになってしまった。
                  かあさんまで、
                  「俺さまが、メガトロンだ!」
                  のせりふを口走るほどに。。。(≧m≦)

                  少し前、ついにスエチビと、
                  アメイジング・スパイダーマンをIMAX3Dで見たのだが、
                  トランスフォーマーが、IMAX3Dで出来たら、絶対に見に行きたいと思った。
                  すごい感動すると思う。
                  アメイジング・スパイダーマンは、出来ることならもう一度見たい。
                  それにしてもIMAX3Dは、特別に高いので困る。
                  特別料金とか、特別価格とかいうと、
                  割安とかお値打ち価格というイメージがかあさんにはあって、
                  『うそっ!特別に高いんだ!』って自分の浅はかさに笑ってしまった(^^ゞ


                  そして、一昨日は博物館へ恐竜展を見に行った。
                  ギガノトサウルスがデカクて、
                  「さすがはギガだな」なんて、オヤジなことを言ってしまった^^;
                  近くに展示されていたティラノザイルスvsトリケラトプスなんて、
                  子供同士のじゃれあいのように見えてしまった。

                  そんな恐竜展の帰り、ミュージアムショップでスエチビが買ったものは、
                  なんと、カブトムシのぬいぐるみ(?_?)
                  えっと、恐竜じゃないわけ?って感じ(笑)
                  それも、いかにも夏のディスプレイに使われているような感じのぬいぐるみで、
                  結構な割高感だった。
                  ほんとうに、これでよかったのか?と何度もきいてしまった。
                  しかし、スエチビは本当にこれがお気に入りの様子で、
                  一日中抱えているし、遊んでいるし、一緒に寝る(゚o゚;)
                  ここまで気に入れば、カブトムシのぬいぐるみ1,000円も高くはないわねぇ〜
                  と思ったかあさんでした(*^m^)


                  川遊び

                  0

                    川へ行く。

                    スエチビの体力を気にしつつも、前よりもはるかに強くなった。
                    当たり前の夏休みがようやくやってきた気がする。
                    あまりに楽しくて、川に浸かりっぱなしだったので、
                    帰りに顔色が悪くて心配したけれど、
                    本人は眠いだけだと言っていた。

                    帰って、風呂に入って、温まったせいか元気回復して、
                    いつも以上に夕飯を食べた。
                    周りの心配をよそに、マイペースに日々たくましくなっているスエチビだ。


                    川で魚をすくった。
                    ヤゴにトンボに、カエルに、カマキリに・・・
                    今日一日で、盛りだくさんの経験をした。
                    ちょっと怖がりながらも、なんにでも挑戦するスエチビ。
                    カマキリを触るのも恐る恐るだけれど、
                    途中で怖がって振り落としたりしないで、とてもやさしく扱う。
                    兄たちはわざと、カマキリを怯えさせて威嚇させたりするので、
                    スエチビの腕にカマがしっかと刺さったのに、
                    「痛い痛い」と言いながらも、振り落とさなかった。
                    ヤゴも、トンボも連れて帰るって言わないで、
                    しっかり見て触ったら、ちゃんと逃がしてあげた。いい子。


                    毎年行く川だけれど、今年は今までよりはるかに楽しんだ気がする。


                    とうさんの嗅覚は昆虫並み

                    0

                      せみ時雨の下、散歩をしたのだよ。
                      久しぶりに行く、夏の園芸公園。
                      メタセコイヤって木を蝉が大好きだって知ったのは、
                      チョウスケが小学1年生くらいのころだったけ?
                      息子が3人もいるおかげで、蝉嫌いなかあさんも、
                      今ではどってことなくなったヾ(>▽<)o

                      そして、チョウスケがまだまだチビの頃、
                      大きなどんぐりを拾った木。
                      そして、その翌年には、クワガタを捕った。
                      あの頃は、とうさんの力で簡単に揺することもできたのに、
                      もうすっかり大きな幹で、ピクリとも動かなくなった。


                      とうさんは、すごい嗅覚の持ち主で、
                      カブトムシ、クワガタムシの居そうな場所を鼻でかぎ分けるのだ。
                      そこんとこは、毎年感心するというか、むしろ尊敬に近い。
                      かあさんには、
                      「樹液の甘い匂いがする!ほら!」
                      と言われても、どの匂いがその匂いやら(・・?
                      すごい!
                      とうさんは、前世、きっとカブトムシかクワガタだったんじゃないだろうか。。。


                      毎年、樹液の出る木が違うらしく、
                      今年は、思い出のどんぐりの木がよく樹液が出ているらしい。
                      「へぇ〜〜〜、そうなんだ(・o・)」
                      かあさん、そんな程度の相槌しかうてないんだ。
                      だって、樹液の匂いなんて、感知できないから(^^ゞ


                      で、そんな場所にはとうさんの天敵のスズメバチも居るので、
                      とうさんは、スズメバチの恐怖に耐えながら、
                      見事コクワガタ二匹もゲットしたのだった。
                      スエチビが大喜びしたのは、言うまでもない(≧∇≦)


                      アマガエルは今何処

                      0
                        評価:
                        秋山 幸也,松橋 利光
                        山と溪谷社
                        ¥ 1,680
                        (2004-03-01)
                        コメント:身近にいて、わりと簡単に捕獲できるアマガエル。夏休みの自由研究の題材には好都合なのだが、その生態は意外に知られていないし、それが解るような本もなかなかみつからなかった。唯一みつけたのがこの本で、大人にもかなりおもしろかった。

                        そうそう、我が家のベランダにしばらく住み着いていた2匹のアマガエルだが、
                        夏休みの後半、恐ろしく暑い日があって、
                        その日を境に居なくなった。
                        コンクリートからの反射熱、エアコンの室外機、
                        ベランダは半端なく暑かったに違いない。
                        きっと2匹で脱出したのだろう。
                        アマガエルは田んぼの近くに暮らすものの、ツリーフロッグ。
                        水の中より木登りが得意なのだそうだ。
                        涼しい場所を見つけて、生き延びてくれていることを願ってやまない。

                        そして、どうして青くならなかったのかが、
                        この本を読んで、よくわかった。
                        ツギロウの自由研究は、『川でみつけたいきもの』に変わったけど、
                        何も手伝わなくても、なんとかやり遂げたようだ。
                        かなり切羽詰ってだったけど(笑)



                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << July 2019 >>

                        中学生

                        小学高学年

                        小学低学年

                        5月の絵本

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:367 最後に更新した日:2013/05/04

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        PR