スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.04 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    芥川龍之介で日本語トレーニング

    0

      日本語トレーニング・プリント(1)がおもしろかったと、
      引き続き(2)をリクエストしてきたので、買ってやったぜぃ(^o^)/
      ツギロウくんです。


      話の全文を、少しずつ区切りながら、学習をすすめていく構成で、
      勉強をしながら、大好きな読書ができるのが、ツギロウの気に入りのポイント。
      続きが読みたくて、勉強をするようなものなので、
      このテキストだけは、声かけしなくともやっていて、
      解らないところは、説明を求めてくる。

      簡単すぎず、ちょっとずつレベルアップしていくのも、ちょうどいいみたいだ。

      今度の第2巻は、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」と「杜子春」。
      第一巻(新美南吉編)で、学んだ要点のまとめ方が、
      少しハードルを上げた形で出題されていた。
      少し手助けしたが、「あああ(^o^)丿」と、すっと理解できたみたいだ。
      全6巻で、全年齢型だけれど、やはり第一巻から始めたほうがいいと思う。


      中学生の国語

      0

        夏休み、チョウスケに与えた課題が、
        この『くもんの中学基礎がため』。
        分からなければ、聞くように言っておいたが、
        そういうことはなく、自分でできたようだ。
         うっそだーーー(ー_ー)!!
        と疑ったかあさんが、中身を確認したが、
        なるほど、これなら自力でできるかも と思った。
        というより、少し簡単すぎる気もした。

        まあ、自分で勉強する習慣を身につけさせるためには、
        この程度でいいのかもしれない。


        ところで、以前にチョウスケに与えて、生意気にも、
        「簡単すぎた」などと言った『日本語トレーニング 戞
        小学4年生以上対象ということなので、
        いくらなんでも、ちょっと侮りすぎたかな^^;
        しかし、文章の骨格をしっかり理解できる点で、
        とてもよく出来た問題集だと思ったよ( ^^) _b!

        夏休み、ツギロウに与えたら、面白かったようだ。
        お話も読めるし、お話好きなツギロウには、ぴったりはまったようで、
        第二巻が欲しいと言っている。
        第一巻が、新美南吉作品で、
        第二巻は、芥川龍之介作品だ。
        ツギロウが言うには、
        「教科書は、話の一部しか載ってなかったりするので、
         全部載っているのが面白い」とか。
        どの作品も、本を借りたり買ってまでは、なかなか読まないけれど、
        読んでほしい作品ばかりだ。


        さてさて、『国語力がつけば、もう少しどうかなるのでは・・・』
        と感じるチョウスケの方だが、
        一体、どのテキストが合うのだろうか。
        かあさんの、国語問題集さがし はしばし続きます。。。


        ろんりエンジン 進捗

        0

          夏休み中に終える予定が、
          悪の宿題プリント80枚綴りに押され、
          とうとう断念することにする。

          スエチビは2年生だが、テキストは1年生のもの。
          このテキストは、あまり学年で選ばずに、段階を追ったほうがよいと思う。
          ひとつの文章を5ステップくらいで読み込む。
          終わると、レベルUP だ!
          ゲーム感覚で盛り上げよう(^o^)丿!!!
          たのしく答えてレベルUPすれば、
          しらずしらずに文法の力が身につく。そんな感じ(*^▽^*)


          【もくじ】


          れべる 1  にくを くわえた 犬


          れべる 2  あいさつを しよう

          れべる 3  おしゃべり どうぶつえん

          れべる 4  ありの かんさつ

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上、春休みに終えた分

          れべる 5  えんそく

          れべる 6  すききらい

          れべる 7  にんじんと ごぼうと だいこん

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上、今回の夏休みに終えた分

          れべる 8  おたまじゃくし

          れべる 9  はが ぬけた

          れべる10  つると きつね

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上、残りは、冬休みかなぁヽ(^。^)


          結局、1年間に1冊ってペースだ。
          ただし、だんだん、読解のペースが早くなっているような。
          低学年は、目に見えて成長するので、
          見ているかあさんも楽しい♪


          独学ではむずかしい

          0

            自分の考えや思いを、相手に伝えることって、
            出来るようで出来ないもんだなぁと思う。
            大人にだって、難しいのだから、
            ほんの数年前に言葉を覚えた子どもにとっては、
            そりゃ難しくて当然だろう。

            しかし、日本人であるからには、
            ものを考えるとき、ものを伝えるとき、日本語を使うしかないわけで、
            これを習得しておかなくては、間違いなく大人になって困るだろう。

            宿題と授業にあわせた勉強ばかりで、
            普段は手が回らないので、こういうことに夏休みを利用したい。
            この機会に、なんとか日本語力をつけたいものだ。


            こちらの二冊。どちらも同じ筆者のものです。
            ひとつの文章を細かく区切り、
            ちょっとずつステップアップ式に読み込んでいくもので、
            その中で、基本の文法の力や読解力を学んでいきます。
            ちょっとずつなので、大変ではないけれど、
            では独りで出来るかと言えば、それは無理みたい。
            そもそも、読解力や国語力において、
            独りで勉強するのは厳しいかもしれない。
            逆に、解説など読みながら独りで出来るならば、
            すでに読解力がかなりあるのだろうと思う。


            そんなわけで、毎日少しずつ進めています。
            論理エンジン小学1年生の方がスエチビで、
            日本語トレーニング(1)が、ツギロウ。
            問題はね〜・・・やっぱりチョウスケね(~_~;)


            せめてせめての国語力

            0
              評価:
              福嶋 隆史
              大和出版
              ¥ 1,575
              (2009-07)
              コメント:高校生の頃、『田村の現代文』にはまった。読書をすれば国語力がつくというのは嘘だと思う。国語には文法という公式がある。また、文の構成にも公式がある。そこを理解することが、国語力を身につける早道だと思う。それを小学生にどう教えたらいいのかが具体的に書いてある。良い本です。

              評価:
              福嶋隆史
              大和出版
              ¥ 1,470
              (2010-07-06)
              コメント:本を読んだだけでは、自分で教えようにもなかなか難しかった。問題集があったので助かった。

              チョウスケに読解力をつけてあげなければならない。
              切実な問題だ。
              読解力がないので、文章問題を理解できない。
              ノート整理も、難義なのだ。やれやれ^^;

              これがなかなか、中学になると時間も取れないので困っている。

              一方、ツギロウは、土曜日を使って少しずつ進めている。
              問題集があるので、勝手に自分でしてくれて、
              わたしが答えあわせをしてあげるだけだ。
              先に進むにつれ、回答率があがってきている。
              2〜3回繰り返したらいいのではないだろうか。。。


              で、問題はチョウスケの方だ。
              現在、学年最後の期末テストの勉強に追われている。
              追われているといっても、生ぬるいものだけれど。。。
              本人的には、追われている。
              そこで、国語の教科書だけ一度、一緒に読んでみようと思った。
              文の構成とか、接続詞とか、指示語などを意識しながら、
              説明を交えながら、一度だけの約束で一緒に読んでいる。
              このたった一度の読み込みで、なんとかなるのかならないのか???


              その後の国語塾

              0

                夏休みにしようと思っていた『国語塾』も、
                1度っきりでうやむやになってしまった。
                子どもたちは楽しそうに取り組んでいたが、
                単行本を片手に教えるのは、私自身が難しくて、嫌になってしまった。
                それが、同じ本の問題集をみつけたので、
                早速購入して、今、ツギロウと取り組んでいる。

                評価:
                福嶋隆史
                大和出版
                ¥ 1,470
                (2010-07-06)
                コメント:単行本の方をまず読みました。とてもためになりました。そして、わが子に実践しようとしましたが、それがなかなか自分では難しいのです。今回、問題集が出ていたので早速購入しました。これなら、自分でも教えられる気がします。


                国語力

                0

                  昨日から、この本にのっとり国語塾を始めた。
                  国語力がつけば、ノート整理もばっちりだろう!

                  1にノート整理、2にノート整理!ノート整理は基本の「き」だからね。
                  かあさんは、ノート整理が大好きだ(^o^)/
                  それに読解力は何につけ必要だしね。

                  第一回目の昨日は、
                   「つまり」
                    と
                   「たとえば」
                  を使って、
                  ・抽象的な言葉→具体的な言葉
                  ・具体的な言葉→抽象的な言葉
                  という作文をやった。

                  そして、その言葉にも枠組みというのがあって、
                  グループ同士を並べないとおかしな文章になる
                  という説明もした。
                   生き物>昆虫>カブトムシ
                  を例に説明すれば、
                  カブトムシ、クワガタ、てんとう虫は横並びでよいが、
                  カブトムシと昆虫は横にはならべない。

                  「つまり」と「たとえば」の作文に当ててみるとこうだ。

                   ■ カブトムシ、クワガタ、てんとう虫、つまり、昆虫。
                   
                   ■ 昆虫、たとえば、カブトムシ、クワガタ、てんとう虫。

                  そして、この往来は、直近のグループ同士でないと成立しないことも説明した。


                  ツギロウも加わって、楽しそうだった。
                  ゲーム感覚なのだ。
                  二人とも、身の回りを見渡して、一生懸命作文するが、
                  わが子の語彙力のなさときたらwwwww

                  夏休みの間は、この国語塾をがんばろうと思う。

                  1

                  calendar

                  S M T W T F S
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << July 2019 >>

                  中学生

                  小学高学年

                  小学低学年

                  5月の絵本

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recommend

                  links

                  profile

                  書いた記事数:367 最後に更新した日:2013/05/04

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM

                  PR