スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.04 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    やる気スイッチ強制ON!

    0

      さて、中学2年の最後の定期テストも終わった。
      あっという間に、最終学年になっちまうじゃないか。
      だいじょうぶなのか、チョウスケは(゚×゚*)


      今回も、ときおり数学を覗く程度で遠巻きに見ていただけだが、
      果たしてどの程度がんばったんだろうか。
      それは、ま、結果が教えてくれるだろうね(笑)


      ここで、やれやれ終わったと、ぼんやりしたいところだけれど、
      そこで、
       ぼんやりさせるもんか
      と、ネジをしっかり巻き上げるのがかあさんの役割(≧m≦)

      テストの終わった翌日は土曜日だったので、
      5教科すべてにおける自分の弱点を書かせてみた。
      こんなこと、2年前までは、書き上げることすらできなかったが・・・
      ようやく自覚ってものが出来てきたのだろうか(0ノ*)
      それから、
      これから新学期の始まるまでの間に、何ができるのかを話し合った。
      やるべきことは、とてもたくさんあるのだが、
      短期間でできることはそれほどない。
      どれにも手を出したくなって、なかなか悩むのだけれど・・・orz


      結局、漢字と英単語に絞った。
      そして、英文法の復習。
      そんなところだろう。

      かれこれ二年間、こればっかり・・・orz



      するべきことが決まったら、どのような方法で勉強するかだ。
      授業で使用のワークブックで十分なのだが、これが・・・orz
      既に書き込みがされており、しかもやたら雑なんだorz
      その上、間違いorz
      見るだけでうんざりするorz
      結局は、家で購入したドリルをすることにする。
      こんな簡単なドリルでよいのだろうか とも思うのだけれど、
      たぶん、チョウスケみたいな子にはこれくらいでよいのだろうヽ( ´_つ`)ノ
       
      なんてったって、
      年末までに終わらせると、自分で豪語したあの小学生漢字テストも、
      未だに終わらせていないのだからorz
      またしても、
      「この小学生漢字テストだけは、何が何でもおわらるのだよ!」
      とケツを叩いたのだったヽ(;´Д`)ノ


      ところで、今日、
      『勉強嫌いな子を勉強好きにするためには・・・』
      なんて話がテレビであっていたけれど、
      かあさんは確信するね。

       勉強嫌いな子は、どんなにしたって、勉強好きにはならない

      もちろん、この確信は間違いであってほしいのだけれど・・・


      では、どうすればいいのだろう。
      チョウスケのような、根本的に勉強が嫌いな子にかあさんができることは、
      やっぱり、時折ケツを叩くことくらいなのだ。
      簡単なテキストでも、なんとか、毎日毎日続けさせることだろう。
      また、勉強嫌いな子ほど、
      解らないことを解らないと言わないで、さも解っているようなフリをする。
      これが、大変よくないことなのだけれど、
      勉強嫌いなので、勉強させられないためにどうしてもそうしてしまうようだ。
      もしかしたら、解らないことを伝える言葉を知らないというのも原因かもしれない。
      ほんとうに厄介で、面倒なんだけれど、
      時折、声をかけ、覗き込み、様子を見て、助けてあげないといけないんだろうなぁ〜(~o~)
      そうしてきたから、派手なつまづきもなくここまでこれたんだとも思う。


      ちょうど先日、学区内の高校の内心点のボーダーラインを、
      知り合いに教えてもらったので、
      それをチョウスケにも教えてあげた。
      はっきりした数値に、ようやく危機を感じた模様。
      自分でも目標点を掲げたくらいだ。
      この気持ち、ぜひ持ち続けてもらいたい。
      だが、なにかと誘惑も多く、すぐに忘れる人なので、
      やはり時々持ち出して、その気を起こさせなくちゃいかんだろうね(~o~)


      数学のノート

      0

        中2になってしまったチョウスケ。
        そして、もうすぐそののんべんだらりな中2生活は終わりを告げる。
        最後の学期末試験を控え、ただいま勉強中なのだ。
        今度こそ、自力で結果を残せるといいのだけれど・・・

        しかし、只今、グースカ寝息を立てて寝ているorz
        部活がせっかく休みだっていうのに、寝ているorz
        ノートを広げて、勉強する気はあるのだろうが、
        さっきから、ノートを前に突っ伏して寝ているので、
        何度か起こしたが、なんとも眠気を覚まさない。
        そこで、
        「自力でその眠気を覚まして、取り組まないと、
         効率の悪いまま、ただ時間が経ってしまう」
        のようなことを言ったら、
        遠慮なく寝転んで眠ってしまった。
        わたしとしては、外の冷たい空気にあたるとか、何か甘いものを食べてみるとか、
        すっきりする飲み物を飲んでみるとか、体を軽く動かしてみるとか、
        そんなことを考えていたのに、
        まさか、まさか、本格的に眠るとは思わなかったorz
        まあ、それもひとつの方法ではあるけれど...ヽ( ´_つ`)ノ


        先日もチラッと書いた数学のノートの使い方は、良かったみたいだ。
        先日は始めたばかりで半信半疑だったので、今回は少し詳しく書いておく。


        まず、大学ノートのページを縦半分に折る。
        ノートを見開きで見ると、縦に4列の欄となる。
        図形の証明問題ならば、
        この左端の欄に図形と証明する定義を書く。
        そして、そのすぐ横の欄を使い、証明をしていく。
        もし、いきなり自力でできないのであれば、
        解説からていねいに写す。
        一行ずつ、ちゃんと理解しながら写さなくちゃいけない。
        その後、その解答を隠して、すぐ右の欄で今度は自力でのみやってみる。
        横の正しい解答と照らして、どこで間違ったか確認する。
        それから、またこれまでの解答を隠し、
        その右横(つまり、右ページの右端の欄)に、自力で解答してみる。
        これで、少なくとも3回は同じ問題に取り組むことになる。

        おおかた、2回目は自力で解けるはずで、3日目には確実に解ける。
        でも、きっと忘れるはずなので、翌日3回目(または4回目)をやるとよいだろう。
        見開き4列なので、
        4回目は欄がないが、そのあたりは各自工夫しましょう(*^▽^*)ノ
        チョウスケの場合、時間が経過するとまた忘れるので、
        時間を置いて、再度同じ方法で同じ問題に取り組むのがいいみたい。


        今回、チョウスケには、
         自分で解けるようになることが目標
        と伝えておいた。
         試験会場では誰も一人っきり。
         誰も助けてやくれないんだから、
         自力で最後まで解けるようになるしかないだろう。
        って。
        まるで、『エースをねらえ!』の宗方コーチみたい(≧m≦)
        しかし、なんかそれが良かったんだかなんなんだか、
        工夫しながら、自分で勉強しているようだ。
        これまで、ドリルでもなんでも、ただ、
         3回は繰返しなさい
        と言ってきただけだった。
        すると、3回繰返すことが目標になっていたりして、
        ちっとも力になっていなかった。

        ようやく私も、チョウスケへの説明のコツみたいのが解ってきたということか^^;


        このようにして、かあさんも、
        長男のときより、次男、
        次男のときより、三男、
        というように、より教え方が上手になっていくのだった(^^ゞ


        つまづきの連続

        0
          評価:
          高橋 一雄
          ベレ出版
          ¥ 3,045
          (2012-11-21)
          コメント:改正版が出てるんだね。

          先週の土曜べんきょう会において、
          チョウスケの様子を、目の端っこで観察していると、
          数学のノートなどを前に、ぼんやりしている。
          関係ない方を見ている。本棚などながめている。
          両手は、テーブルの下にあり、筆記具も持っていない。
          勉強しているフリならば、それなりに見せよ!というものだ(~_~メ)
          覗けば、「平行四辺形の証明」。
          コヤツ、解っていないのだ(;一_一)
          そんなとき、聞いてくれよと、この土曜べんきょう会を開いているのに、
          なんにもならない。ぼーっとして時間を潰している有様orz


          翌日曜日は、たまたま午後の部活がなく、しっかり時間が取れたので、
          結局かあさんから声をかけて、「平行四辺形」やりましたとも。徹底的に(;一_一)/
          やれば、なんてことないことなので、
          授業よりすすめたことが嬉しいとか。。。もう(~_~)

          どうせ、修学旅行に行って、忘れるんだろうなヽ(;´Д`)ノ


          図形

          0

            関数の応用も克服できないまま、
            授業は図形の証明へと入っている。
            大丈夫なのだろうか、チョウスケ(~_~メ)
            前回のテストは案の定、悲惨も悲惨。大惨事だったorz
            だから言わぬことではない(~_~メ)
            漢字検定試験のことばかりで、それが済むとぼーっと腑抜けのようになり、
            かあさんにケツを叩かれるまで、試験勉強にさえとりかかっていなかった(;´Д`)
            その逆に、中間テストであまり芳しくなかった周りの子たちは、
            期末でがんばったようで、平均点はぐぐんと上がって、
            オサボリチョウスケ君は、至上最小得点をたたき出すことになった(ToT)

            3学期の学年末テストでは、ほぼ図形の問題だろう。
            証明問題など配点も高いだろうから、出来ないともう、
            本当に悲惨すぎること間違いなしだ(/_;)


            ここしばらくは、傍観していたかあさんも、
            やっぱり数学は少し見てあげようと、気合を入れなおした。
            いったい、いつまでこんなあたりを行ったり来たりしているのだろうねヽ(;´Д`)ノ


            証明問題はとにかく、
            同じ問題でも繰り返しやって、完璧に出来るようになるしかない。
            とにかく、学校のワークの問題を繰返すことにしよう。
            今更遅いが、本来はこれを、授業のすぐあと、復習で繰返すのがいいのだろうが・・・
            しかし、後のまつり。
            今からでも、冬休みの宿題の範囲を、
            何度も繰返してパーフェクトになるしかないのだよ(~o~)ノ


            ノートのページを縦半分に折って、
            見開きのいちばん左に図形を書いて、証明する事柄を添えて、
            その右側の欄に証明をしていく。
            解答を見てみる。抜けている点を赤で書き入れる。
            これが一回目。
            二回目は、一回目の解答欄を縦半分に谷折りにすることにより、
            それが隠せるので、右ページの右欄に解答できる。
            そして、さらに三回目。
            右ページを縦半分の山折りにすることで、
            一回目、二回目の解答欄を隠すことができる。
            こうやって、同じ問題を三回通りできることになる。

            さらに、ワークに直接書き込んで、
            解答欄を付箋紙で隠して、などなど、
            とにかく、しつこく、カンペキ化を図ろう!


            中学生の漢字克服

            0

              チョウスケの漢字の苦手度は、なかなか深刻だ(~_~)
              テストの答案で、なぜにこんな簡単な漢字を間違えるのだろう(・・?
              さらには、なぜに覚えないのだろう(・・?
              漢字の間違いで落とす点数も多く、なんとももったいないと思う。
              これはなんとかしなくては・・・

              そもそも、小学生の頃からの取りこぼしの量が半端なく、
              結局、複雑な漢字とはいえ単純な漢字の組み合わせだったりするから、
              素の漢字さえ覚えていないとなると、覚えにくいのはあたりまえかもしれない。
              また熟語は、言葉の意味と各漢字の意味が分かっていて、
              初めて覚えるに至るのだろうと思う。
              もしかしたら、その基本となる文字が小学漢字なのかもしれない。


              この小学漢字書き取りテストをしてみて、それがはっきりと分かってきた。
              どんなに簡単な漢字でも、その言葉を知らなければ、
              当然のように、漢字にすることはできないのだった。
              そのため、このテストをすることによって、
              チョウスケの中に、これまでずいぶんと欠け落ちていた語彙が入っただろうと思う。

              高学年になるにつれ、書けない漢字が多く、
              やれやれヽ(;´Д`)ノな気持ちにもなるが、
              取り組んでよかったと思う。
              これならば、テレビを見ながらでも出来るので、
              ちょいちょい促してはいるものの、無理なくすすめている。


              書けなかった漢字は、国語辞典で調べさせてもいる。
              やはり、熟語は意味が分からなくてはいけないので。。。
              そして、翌日には前日間違えた分を再テストしている。
              それも、漢字練習帳のかなりマスの大きなノートでしている。
              漢字は楷書で正しく書くことも大切なので、その点にも注意を促している。


              この書き取りテスト、
              漢字の苦手な中学生は、一度やってみることをおすすめします(*^^)v


              帰ってきたチョウスケ

              0

                克服すべき課題は、山とあるのに、
                部活も毎日忙しいチョウスケは、
                いったいいつ、その詰め込むべき課題を詰め込めばよいのか。

                そもそも、毎日それなりの時間勉強だけはしていて、
                なぜにここまで頭の中に入りきれていないのか不思議(・・?
                最近は自分の机でやっているので、
                それが良いのか悪いのかは解らぬまま、
                その自主性だけは評価しなくちゃと、あまり関わらずにきたのだが、
                そうはいっても、もうあまり先がないではないか!!!

                しかも、取りこぼしの量の多さは半端ないから、
                どう見積もっても、このままでは時間が足りないと思った。
                本当に、なんて手がかかる子だろうねwwwヽ(;´Д`)ノ


                昨日は嫌がるチョウスケを、無理やりにリビングで勉強させる。
                「あんたも嫌かもしれないが、わたしだって嫌なんだ。
                 わたしだって我慢するから、あんたも我慢してリビングでしなさい!!!」
                そう言って、リビングで勉強しているのを、最初は遠巻きに置いておいた。
                冬休みの計画も、自分で立てたようなので、
                それもそのまま口を出さずにさせておいた。


                しばらくして、どのようにしているかと覗くと、
                それは、歴史のワークブックだったのだが、
                空欄がそのままにしてあるのだ。
                これは何故に空欄のままなのか。。。
                前のページもその前のページも、ずっと空欄が目立つ。
                それは、解らなかったところを、そのままにどんどん先に進んだせいなのは、
                見てすぐにわかるとおりだ。
                もう、そのままにはしていられない。
                なんだって、解らなかった時点で、調べたりしないのかな(~_~)


                結局、チョウスケは、解らないところを解ろうとか、
                覚えていないところを覚えようとか、
                本来、勉強することの意義のようなものから、
                すっかりかけ離れたようなことをして、
                自分自身では勉強しているつもりでいるという、
                悪のスパイラル状態なのだったorz


                ということで、結局リビングに舞い戻ったチョウスケだった(^_^;)


                重点強化〜間違いだらけの漢字編〜

                0

                  小学生が小学校へ通いながら、
                  その時期覚えるべき漢字を覚えていれば、
                  このような問題集など要らないのではないか?
                  ところがどっこい、そうはいかないのがわが息子、チョウスケどん(笑)

                  国語の漢字問題はおろか、他の教科の答案でも、
                  漢字の間違いで点を落とすという有様orz
                  まさかまさか、読み取り問題の答えまで間違えるなんて。。。orz
                  そ、その答えは、問題文にあるではないか。。。愚かな。。。(/_;)


                  それで思いついたのは、
                  小学漢字を見直すべきではないのか 
                  ということだった。
                  きっと普段に使っている漢字が、でたらめに違いない。
                  教科書も、もしやでたらめに読んでるかも\(゜ロ\)(/ロ゜)/
                  ノートにも、もしやでたらめに書いてるかも\(゜ロ\)(/ロ゜)/


                  実際、小学生時代から漢字が苦手で、
                  常々、「今年こそ追いつこうね!」と言い続け、
                  結局のところ、それを達成することなく卒業してしまったのだった(~_~)
                  ここはもう、徹底的にやり直すしかないだろう。
                  これが最後のチャンスに違いない(ー_ー)!!


                  それで、いったいどこまでさかのぼればいいのだろうか?

                  そう考えていたら、こんな良いものを見つけたヽ(^。^)ノ
                  小学1年生から6年生までの漢字を、全48回のテストにしてひとまとめにしたもの。
                  切り離して、本当に漢字テストのように使える。
                  両面印刷で、片面30分目標とあるが、
                  結局、知っている漢字しか書けないのだから、
                  実際かかる時間はそれほどでもない。
                  また、覚えているかどうかチェックするのが目的なので、
                  テレビを見ながらでも、ちょっと空いた時間にやらせることができる。


                  今日は、夕飯の前に1枚、食後のゆったりした時間にもう1枚させてみた。
                  まだ1年生のものだから、あっという間に終わった。
                  しかし、なんと、「金糸」が書けなかったり、「小鳥」を「子鳥」と書いたから(>_<)
                  やってよかったわ(((( ̄ー ̄;)


                  こんな調子で、今年中には見直しが終えられそう(*^^)


                  重点強化〜10分で英単語〜

                  0

                    そうそう、またまたチョウスケのこと。
                    とにかく、
                    漢字の間違え、英単語のスペルの間違えの多いこと多いこと。
                    これらが間違えないと、それぞれ10点ずつはアップするように見えるのだが・・・
                    それに、社会や理科も、漢字間違えで点になっていないものも多く、
                    なんてもったいないことだろうと、
                    かあさんもとうさんも嘆くのだけれど、
                    果たして肝心のチョウスケくんはどのように感じているんだろうね(/_;)


                    『古文・漢文』とともに、
                    この冬強化したいのが、やはりこの、漢字と英単語だろう。
                    そして、勉強苦手なチョウスケの場合、
                    どうやら書き込み式のこれらのドリルが相性がよさそうだ。
                    無理なく毎日少しずつ。。。力をつけてほしいもんだなぁ〜〜...ヽ( ´_つ`)ノ

                    さて、漢字はどうしようか。。。



                    今後の目標(冬休み〜新学期)

                    0

                      チョウスケは冬休みも、部活で日々忙しいようだ。
                      それでも、学校の授業の無いこの時期に、
                      やらなければと思うことは目白押しなのだ(ー_ー)!!

                      まぁ、あまり欲張っても計画倒れになるだけだから、
                      じっくり絞りに絞って、
                      これまで一度もまともに教えたことのない
                      『古文・漢文』にスポットを当てようと思います(^o^)丿

                      当然、本人も苦手意識があるので、
                      「古文・漢文だけは、冬休みにかあさんが教えますよ」
                      と伝えたが、逆らわないようだ。
                      この問題集、入試用となっているが、
                      かなり基本に着目した内容なようで、
                      3年生にあがる前に、ひととおりやっておくといいだろうと考えた。


                      土曜日のべんきょう会

                      0

                        このごろは自室で勉強するようになったチョウスケ。
                        期末試験の結果は、
                        『これが実力か、仕方がないorz』
                        と現実を見せ付けられ、あきらめようかと思い始めるかあさんorz
                        それは本人も同じことで、
                        しかしもう、本人の自覚なしには、解決できることでもない。
                        そして、本人だって、わからないことでもなかろう、さすがに・・・^^;


                        自力で、自室でやろうとするのならば、それは認めるべきだと思う。
                        いい加減、手取り足取りから抜け出すべきだ。
                        だけど、時には内容やら、計画のチェックをしておくべきだと思う。
                        これが塾に通わせていれば、その役割は塾で担ってくれるのだろう。
                        しかし、塾には相変わらず通っていないチョウスケだから、
                        そこは仕方がないので、かあさんでやるしかないだろう。


                        ちょうど土曜日は、とうさんの帰りが遅い。
                        そこで、土曜日の夜だけは、
                         チョウスケのためにかあさんの時間を空けましょう
                        ということにした。
                         その時間は、リビングで、みんなで勉強会としましょう
                        とした。
                         テレビはつけず、
                         スエチビとツギロウは、勉強するもよし、本を読むもよし、
                         とにかく静かに過ごしましょう
                        とした。


                        チョウスケには、
                         この時間に、質問したいことをきけば、教えてあげますよ
                        とした。
                        そして、
                         1週間の計画や進捗について、計画表を見て、
                         足りないところや気づいたことをアドバイスしましょう
                        とした。


                        昨夜チョウスケは、先日の期末試験の数学をやり直していた。
                        相変わらず、時間のかかることだった。
                        こんな時間がかかっては、時間内にすべてを終えるのなど無理だろうと思った。

                        そうして、どうしたことか、基礎的な問題も、
                        『なんで?』
                        なんて感じで間違えるのだった。しかし、これは今に始まったことでもない・・・orz
                        応用においては、当然のように出来ていないのだった・・・orz

                        ただ、ひとつ感心したのは、学校のノートがとても充実していたことだ。
                        去年の先生と違い、しっかり板書がされているようで、
                        チョウスケもきれいにまとめようとして、それがちゃんときれいにまとめられているのだった。
                        ならば、なぜ、要点を覚えておらぬのか。。。まったく残念というか、悲しいヽ(;´Д`)ノ

                        そこで、試験をやり直したページの後に、
                        間違った箇所に関連する要点だけを抜き出すことにした。
                        それも、簡潔に記号や図や、単語だけで、ぱっと見て解りやすいメモとした。
                        授業のノートにも、その部分は目立つようにラインを引くなどした。

                        これらの要点を抜き出しながら、出来なかった問題を一緒にやり直した。
                        これまでは、こんな程度の説明だけでは、
                        なかなか問題の解けなかったチョウスケだったが、
                        今回は、要点の見直しだけで、「ああ!」と思い出し、問題を解いていた。
                        ときどき、慌てて、途中までの計算で答えとしてしまったりするので、
                        ここがチョウスケのいけないところだなぁと感じた。


                        このように、いつまでたっても、
                        手助けがないと応用問題も解けない上、基礎的な問題も抜け落ちているのだから、
                        これはいったい、どうしたらよいのだろうか...ヽ( ´_つ`)ノ ?

                        こんなんで、来年度、高校受験なんて出来るのだろうか...ヽ( ´_つ`)ノ ?



                        最後に、計画表を見せてもらった。
                        先日渡した、英単語の10分間ドリルは、ちゃんとすすめているようだ。
                        これで覚えれば、英語の点数も少しばかり上がるだろうが、
                        あまり期待をしないようにしよう(~_~)
                        これまでの反省を含めて、
                        ようやく自分の出来得る範囲での計画ができるようになったみたいだ。
                        今までは、格好つけてだか、欲張ってだか、
                        どうしても出来るわけがない日にまで計画が入っていて、
                        結局計画通りにいかず、追いつくこともできず、そのままうやむやにしてしまい、
                        かあさんの落雷を受ける結末となっていた。
                        または、ものすごく自分に甘い計画で、
                        たとえばかあさんが与えたドリルのみしか学習せず、
                        授業の予習も復習もなしという、かあさんが身震いするほどさびしい計画だった(~o~)
                        だいぶ、自分の生活時間と力の範囲と、やるべきこととを調整できるようになったのか。。。
                        まだまだ油断はできないので、
                        今後もキチンと見守ろうと思う。<というより、見張りだな(;一_一)


                        部活もやって、空手も行って、塾には行かず、
                        そのくせ頭も悪い、3拍子も4拍子も揃ったチョウスケだ。
                        隙間時間をぜひ大切に使ってもらいたいのだが、
                        ぼんやりタイムも、TVタイムもなかなか減らさないようで、
                        先が思いやられるのだが、ちょっとずつ成長はしているようなので、
                        あきらめながらも、やっぱ見守っていかなくちゃだ(~o~)



                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << July 2019 >>

                        中学生

                        小学高学年

                        小学低学年

                        5月の絵本

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:367 最後に更新した日:2013/05/04

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        PR